日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

深夜の非常線
シンヤノヒジョウセン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1951年01月04日 
製作会社
東宝日映プロ 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
69分  

日映ニュースが劇映画製作にのり出した第一回作品で、製作は、同社の製作部々長中村正と製作部次長中井義が担当、脚本は大村義郎と匿名する某ヴェテラン、演出は、文化映画「鵜匠」「銀座四丁目」の作品のある松村清四郎、撮影は同社中堅カメラマンの稻垣浩邦と林田重男が当たっている。出演者は、「愛と憎しみの彼方へ」をあげた池部良、「佐々木小次郎 (第一部)(1950)」の浜田百合子、「夜の緋牡丹」の伊豆肇、その他若山セツ子、中北千枝子、志村喬、千秋実等で、撮影日数十日という超短期間製作の予定である。

スタッフ

企画
日本ニュース
製作
中村正中井義
脚本
大村義郎
演出
松村清四郎
撮影
林田重男稻垣浩邦
美術
園眞
音楽
斎藤一郎

ストーリー

黄昏の東京港の岸壁に、一人の男が腰をおろして、「サ・セ・パリ」を口笛で吹いている。その男を目ざすようにして、一隻のボートが靜に近づいて来た。しかし、このボートを見張っていたのは、この男一人ではなかった。物蔭で、金子巡査と日東ニュース社の丸山と谷の両カメラマンがかたずをのんでいた。やがてボートから荷揚げが開始されたとき、金子巡査の笛が鳴りひびき、丸山の焚くフライヤーに谷のアイモが回転した。狼狽した密輸団は、荷物を海へ投じて逃亡したが、アイモのキイを落としてさがしていた谷が、やはり拳銃を落として探していたくだんの岸壁にいた男の顔を写して来て、それが唯一の手がかりとなった。海からひきあげられた荷物には、かつて日本軍が使用していた四年式拳銃が一ぱい詰められていた。そこで警察の活動が開始されることになったが、谷は岸壁で「サ・セ・パリ」の口笛を吹いていた男を探すべく銀座のN楽器店に現れ「サ・セ・パリ」のレコードばかりをかけている純子という女店員と知り合った。純子には、矢巻という恋人があったが、それが例の岸壁の男で、彼は赤城という元軍人を首領とした拳銃密売団の手先に使われていた。谷は、純子を追求することによって、矢巻との関係を知り、更に、矢巻が足を洗って純子と結婚しようと決心して、赤城のもとを尋ねたことから、赤城の根城となっている多摩川べりの温室もほぼ探り当てることが出来た。谷を想っている日東ニュースの女運転手羽村波子の操縦する車は、日東ニュースの社旗をひるがえし、谷と丸山をのせて多摩川べりへ急行した。赤城から爆弾入りの花篭を贈られ、その爆発に初めて赤城たちの悪辣なやり方に呆然となる矢巻たちの姿は、谷のアイモに納められ、事件解決に貢献した。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。