日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

雪割草(1951)
ユキワリソウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1951年03月24日 
製作会社
大映東京 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
Primula Medesca  
上映時間
100分  

製作は「消防決死隊」の須田鐘太、脚本は「妻も恋す」の山崎謙太がジアーニ・フラーの原作より書いたもので、「どぶろくの辰(1949)」以来の田坂具隆監督の作品である。出演者は、四人切りという異例のキャストで、「絢爛たる殺人」の宇佐美諄、「消防決死隊」の三條美紀、「紅蝙蝠(1950)」の水戸光子、子役の伊庭輝夫など。

スタッフ

製作
須田鐘太
原作
ジアーニ・フラー
脚本
山崎謙太
監督
田坂具隆
撮影
伊佐山三郎
美術
柴田篤二
音楽
斎藤一郎

ストーリー

戸田勝彦の妻冴子は、出張中の夫が今日帰って来る予定なので、部屋を飾り、御馳走を作って待っていた。表のベルが鳴ったので急いで玄関に出て見ると、夫の姿はなく、五、六歳位の男の子が一人立っていた。そして手紙を差し出した。手紙は真島順子という女性からのもので、彼女と勝彦との間に出来た子供を、勝彦にも知らせず今日まで育てて来たが、子供をかかえて病弱となりこのままでは死ぬより以外ないので、子供を勝彦のもとへ送ると書いてあった。冴子は非常に驚いたが、一人で取り残されている子供は家へ入れてやるより仕方なかった。しかも夫からは都合で出張が一週間のびると電報があった。その一週間冴子はその正彦と名乗る男の子と一緒に暮らさなければならなかったが子供の可愛さは次第に冴子の心を解きほぐして行った。夫と自分の間に子供さえ出来れば幸福にかけるところはないといって用意した子供部屋や玩具や衣類も正彦に使わせてやった。しかし勝彦が帰宅したとき、冴子は夫の顔を見るとやはりその罪は許せないような気がした。空襲の混乱最中、お互いに助け合った男と女との心にもない過失であったと説明を聞いても心は仲々にとけなかった。しかし幼い正彦が、二人の不和を見て心を痛め、一人家を抜け出したと知ったとき冴子は初め自分の頑なさを悟り、勝彦と共に正彦を探しに駆け出すのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。