日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

嵐の姉妹
アラシノシマイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1951年02月24日 
製作会社
松竹・京都 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
89分  

製作は「おぼろ駕篭」の小倉浩一郎、脚本は、「地獄の血闘」の鈴木兵吾、監督は「情熱のルムバ」に次ぐ佐々木康の作品。出演者は、「女の水鏡」の柳永二郎。「軍艦すでに煙なし」の高杉早苗、「情熱のルムバ」の西條鮎子、徳大寺伸、「地獄の血闘」の水島道太郎、他に坂本武、進藤英太郎等。

スタッフ

製作
小倉浩一郎
脚本
鈴木兵吾
監督
佐々木康
撮影
服部幹夫
美術
川村秀治
音楽
万城目正

ストーリー

東京から小都市へ特派される敏腕の記者富田一夫は車中で向井とみ江と知り合った。彼女の故郷がその同じ都市であった。折から町は市制施行の祝賀で賑わっていたが、そのどさくさにまぎれて大沢組の若い者は、日頃大沢組に反抗的な雑貨商神山清三の家へあばれ込んだ。清三の幼友達でとみ江の父向井荘吉は大沢組の大番頭で、この騒ぎを取りしずめたがとみ江は、清三から、妹の敏子が自分の身代わりに大沢の息子進の許へ嫁にやられること、その敏子がかつての自分の恋人の東発々電のダム工事の技師塚本と恋仲であることを知った。とみ江は塚本と敏子が結ばれた事情を知って二人の恋を許す気になり、自分は家を出てバー牡丹亭で働いたが、そこで富田と再会した。富田は町の新聞の安井や塚本と協力して、ダム工事にからむ大沢一家の不正を新聞で暴露した。そのため、塚本は山小屋に監禁され、ハッパをかけられようとしたのを富田が救いだし富田がかえって負傷し牡丹亭でとみ江の介抱を受けた。荘吉は大沢の命で富田を殺そうとしたが、彼ととみ江の愛情を知り、また大沢が自分にも魔手をのばしているのを知り初めて眼がさめた。そして大沢の悪事の証拠書類をとみ江に渡した。大沢組は裁かれ、とみ江と富田は東京へ、敏子は塚本と結ばれ荘吉の家には明るい幸福がおとずれた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。