日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

恋の阿蘭陀坂
コイノオランダザカ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1951年03月03日 
製作会社
大映東京 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
78分  

「宮城広場」の箕浦甚吾の製作で、「暴夜物語」の松田昌一が脚本を描いている。監督は「蜘蛛の街」の鈴木英夫である。出演は、「偽れる盛装」の京マチ子に、相手役は「絢爛たる殺人」の菅原謙二が抜擢され、北河内妙子、千秋実、浦辺粂子などが助演している。

スタッフ

製作
箕浦甚吾
脚本
松田昌一
監督
鈴木英夫
撮影
渡辺公夫
美術
木村威夫
音楽
斎藤一郎

ストーリー

旅から旅へ巡業する桑島サーカスの花形千草は、故郷の長崎の阿蘭陀坂へ一度帰ってみたいという夢を持っていた。千草の恋人クラリネット吹きの辻は、元造船所を持っていた男で、港町へ来ると昔の夢を思い出した。一行はついにその長崎へやって来て、千草の母が外国人の妻として一生を終えたオランダ館の前で、辻は千草の母のためにクラリネットを吹いてやった。その辻を訪ねて妹の正子がやって来たことから、辻の身の上を知った千草は、辻の造船所再建の資金三十万円を、自分に気のあるサーカスの支配人森に作らせ、辻の甦生のかどでに贈った。しかし森の作った三十万円は桑島団長が死んだ猛獣の代わりを買うため団員一同の給料をさいて集めていた金であったので、森は千草に駆け落ちを迫ったがきき入れられないので一人姿を消した。桑島サーカスは巡業を続け、翌年再び長崎をおとずれた。辻に逢えることを楽しみにしていた千草の前にまた森が姿を現し、一緒に逃げてくれと迫った。そのため千草は森の拳銃でかえって彼を殺した。千草は一目辻に逢いたさに、約束のオランダ館へ走ったが辻は仲々やって来なかった。持っていた拳銃で千草は自殺を計ろうとしたとき、辻がかけつけて、森の傷の浅かったことをつげた。千草は喜びにふるえながら辻の胸にすがりついた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。