日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年4月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

お艶殺し(1951)
オツヤゴロシ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1951年02月17日 
製作会社
東横京都 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
97分  

「千石纏」のマキノ光雄と柳川武夫の製作、企画で、谷崎潤一郎の名作小説「お艶殺し」より、「おぼろ駕篭」の依田義賢が脚色したもの。配役の主なものは「千石纏」の市川右太衛門、「おぼろ駕篭」の山田五十鈴、「風にそよぐ葦 前編」の小沢栄、「孔雀の園」の柳永二郎、「偽れる盛装」の進藤英太郎、瀧花久子など。

スタッフ

製作
マキノ光雄
企画
柳川武夫
原作
谷崎潤一郎
脚本
依田義賢
監督
マキノ雅弘
撮影
三木滋人
音楽
大久保徳二郎
美術
小池一美

ストーリー

江戸橘町の質店、駿河屋の一人娘お艶は、役者まがいの優男の番頭新助に想いを寄せていたが、家内総出の汐干狩りの日、仮病を使って新助と二人船宿に残り、想いのたけをかき口説いた。これを立ち聞いた宿の亭主清次は、お艶に横恋慕していたので、二人をそそのかして馳け落ちをさせ、自分の家にかくまった。新助はお艶にひかれて心ならずも主人にそむき、当座お艶との情痴生活にあけくれたが、最初清次が受け合ったように、一日も早く主人の許しが得られるのを待っていた。ある日清次から、急に主人夫婦との間に話がついたという使いにさそわれて出かけたが、その途中清次の子分三太に斬りつけられ、夢中になってかえって三太を殺した。お艶はその留守に行方知れずなり、新助は貸元金蔵をたよってかくまわれた。お艶に一目会ってから自首するつもりの新助も、深川から芸者で出ているお艶に再会すると気が弱くなり、またしてもその愛欲のとりことなり、彼女をあやつっている悪貸元徳兵衛の企みにのり、お艶を種の強請に加担し、向島の旗本芹沢の家へのり込んで行った。そこでかえって芹沢に追われ逃げ帰る途中、傷ついた徳兵衛を刺し殺し、更に、お艶を口説いている清次も殺して悪事を重ねた。そして最後のたのみのお艶が、実は徳兵衛とも清次ともすでに情を通じていたとあいそづかしをいって、芹沢へ寝がえりを打ったとき、かっとなった新助は、その可愛いお艶までも殺してしまったのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/04/26]

映画情報を18件更新しました。

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。