日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

若い娘たち(1951)
ワカイムスメタチ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1951年04月07日 
製作会社
東宝藤本プロ 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
78分  

「えり子とともに」の藤本真澄プロの作品、石坂洋次郎の原作を、やはり「えり子とともに」の井手俊郎が脚色、演出は「夜の緋牡丹」の千葉泰樹、出演者は「風にそよぐ葦 前編」の村瀬雪子をはじめ、「軍艦すでに煙なし」の杉葉子、伊豆肇、「熱砂の白蘭」の池部良、「深夜の非常線」の若山セツ子、松竹の河村黎吉、「夜の緋牡丹」の島崎雪子、二十の扉の宮田重雄など。

スタッフ

製作
藤本真澄菅英久
原作
石坂洋次郎
脚本
井手俊郎
演出
千葉泰樹
撮影
会田吉男
美術
小川一男
音楽
飯田信夫

ストーリー

美保子は女手一つで五人の美しい娘を育てあげ、上の三人までは、次々と二階八畳に下宿をさせた青年に嫁がせた。さてこんどは四女のカナ子も、同じ方法で配偶者を得させようと、大学の医科に、条件つきの貸間広告を出した。評判の美しい姉妹の家というので希望者は多かったが、厳重な詮衡を経て川崎が下宿することになった。カナ子は母親のやり方に反感を持って、川崎に対し、絶対に好意以上のものは抱かないと宣言する。カナ子の従姉澄子は、二十五歳でまだ結婚話がなく、しびれを切らした父親の計らいで、美保子式に下宿人を求め、医学生の橋本を家に置いたところ、計略はすっかり成功して二人は内祝言をあげることになった。カナ子の強硬な態度に川崎は歯もたたないでいる間に母親の美保子は野村教授の後妻にと望まれたが、ことわった。しかし川崎が休暇から帰って来て発病して、カナ子がこれを看護したことで、二人はようやく強硬宣言を取り消すことになり、美保子はようやく安堵の胸をなで下ろした。あとは末女のタマ子だけの心配で、タマ子は野村の息大助と大仲よしなので、野村教授が東京の大学に転任になるのを機会に、大助を下宿させることになった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。