日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

風にそよぐ葦 後編
カゼニソヨグアシコウヘン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1951年03月10日 
製作会社
東横 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
Reed in the Wind  
上映時間
96分  

製作スタッフは、音楽担当が前編の高木東六が後編では、伊福部昭に変更になっている以外は変化がない。出演者は、後編になって、千田是也、清水将夫、細川俊夫、恩田正一などが新登場している。(尚、前編の葦沢茂子の東山千榮子は長岡輝子、児玉咲子の村瀬雪子は坪内美子に、紹介後変更になったので、ここで訂正しておきます)。

スタッフ

製作
マキノ光雄
企画
吉田信坪井与
原作
石川達三
脚本
八木保太郎舟橋和郎
監督
春原政久
撮影
永塚一栄
美術
桂長四郎
音楽
伊福部昭

ストーリー

榕子は強引に自分に求愛し自分もそれにいささかひかされていた広瀬が亡夫の仇敵であったと知って、彼からの贈り物をつき返すため広瀬を尋ね、かえって彼から犯されてしまった。悄然と家に帰った彼女の許に、宇留木からの求愛の手紙が来ていた。数日後宇留木が訪ねて来たとき、榕子は彼にすべてを打ち明けて結婚した。やがて宇留木は同盟通信社から満洲へ派遣され、終戦と共に消息を絶った。児玉家の焼け残った母家に住んで、榕子は女の児を生んだ。葦沢家の邦男は復員して来たが、敗戦に荒ぶれた彼の眼中には最早有美子の存在はなく、有美子はひとり淋しく死んで行った。児玉博士はその衝激で脳溢血で殪れた。榕子は、母と子をその細腕で養って行かなければならず、尾形ふさ子に応接間を間貸ししたりしてしのぎをつけた。闇ブローカーから広瀬に近づいた邦男は、広瀬から彼と榕子との関係をきかされ欲情をあおられ、風呂帰りの榕子に襲いかかろうとした。しかし、暗い生活にも光りの射す日がやって来た。宇留木が思いがけず帰って来たのである。一本のビールに酔って得意の歌をうたう夫の顔を、榕子は苦難に衰えた頬をつたう涙を拭おうともせず見上げるのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。