日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

万花地獄
マンゲジゴク

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1951年04月14日 
製作会社
大映京都 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
69分  

吉川英治の原作小説を「女賊と判官」の民門敏雄と「鉄の爪」の監督安達伸生とが共同で脚色して、同じく安達伸生がメガホンをとったもの。主演は、「鬼姫しぐれ」「中山安兵衛」の嵐寛寿郎で、市川春代、本間謙太郎、進藤英太郎、それに新人萩町子が共演している。

スタッフ

原作
吉川英治
脚本
民門敏雄安達伸生
監督
安達伸生
撮影
武田千吉郎
音楽
森安優
美術
上里義三

ストーリー

甲州御代崎の駒木家は一万石の小大名だが、先祖より伝わる百万両の秘宝が、陣屋の裏山の「萬花多宝塔」にかくされてあるという。しかし当主大内記は、悪家老司馬大学に日毎毒を盛られて病弱となり、息女光江姫は、大内記より、多宝塔の鍵を出せと迫られ、尚暴力によって司馬の妻になれとせめられた。司馬によって追われた小枝角太郎は、主家と光江姫の身を案じて帰郷、駒木家の屋敷をうかがっているが、自ら山窩と名乗る花又三日之助と知り合いになった。花又も多宝塔の秘宝をねらっているようである。光江姫の元侍女お妻も、忍びの名人の兄飛車兵衛と主家の急にはせ参じる。大内記は多宝塔に押し込められた角太郎が大学一味にとらわれ、殺されようとしたとき、光江はその命乞いのため多宝塔の鍵を渡すことを約束するが、危うい瞬間に、花又が現れ、大学を斬って捨てた。秘宝はこの山窩の手へと思ったとき、花又は実は失喪した光江姫の兄の虎之助であったことが判明した。しかし花又は駒木家を光江姫と角太郎にゆだねて、お妻と共に自由な山へと帰って行くのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。