日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

伊豆物語
イズモノガタリ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1951年04月27日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
92分  

「孔雀の園」の児井英生の製作で、藤原審爾の原作を「千石纏」の館岡謙之助が脚色、「エノケンの天一坊」の渡辺邦男が監督している。主役は「感情旅行」の若原雅夫と「春風無刀流」の花柳小菊に、市丸、柳永二郎、沢村貞子、田中春男など。

スタッフ

製作
児井英生
原作
藤原審爾
脚本
館岡謙之助
監督
渡辺邦男
撮影
渡辺孝
美術
横井総一
音楽
古賀政男

ストーリー

熱海の温泉旅館の仲野屋へ女中奉公に来たおえいは引き揚げの孤児であったが素直で美しい娘であった。現場調査に来た土建会社の今田は彼女を愛して一緒になった。亡妻のダイヤの指環など与え、いずれ本社のある大阪で正式に結婚するつもりであったが、不正をしていた同僚の事件にまき込まれ、大阪へ拘引されて行った。留守中おえいは眼をわずらって失明し、今田より便りのないままに、盲目の身を習いおぼえた三味線を持って芸者に出ていた。しかし仲野屋の道楽息子武彦に、ある夜無理に犯されてしまい、自殺を決意した。そのとき今田は釈放され、熱海へ帰って来ておえいの苦労を知ったのだった。今田は仲野屋のおかみにおえいの生活費を預けて行ったのだが、それはほんの少ししかおえいの手には渡らなかったのだった。錦ヶ浦をさまようおえいは、自殺寸前に今田の手に抱きとめられ、過失や失明の傷手はきっと自分が療してやると慰められるのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。