日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

新遊侠伝(1951)
シンユウキョウデン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1951年05月05日 
製作会社
新東宝 
配給会社
新東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
69分  

『小説新潮』に掲載された火野葦平の原作を、「麗春花」の八田尚之が脚色して、「中山安兵衛」の佐伯清が監督に当たっている。永島一朗の第一回製作である。出演者の主なるものは、「消防決死隊」の小堀誠、「赤い鍵」の藤田進、「麗春花」の花井蘭子、「アマカラ珍騒動」の森繁久彌に、進藤英太郎、山本礼三郎、一の宮あつ子、それに原作者の火野葦平が特別出演。本作は物語の前半“九州編”に当たり、後半の“東京編”は「遊侠往来」の題で公開された。

スタッフ

製作
永島一朗
原作
火野葦平
脚色
八田尚之
監督
佐伯清
撮影
河原崎喜久三
美術
加藤雅俊
音楽
清瀬保二

ストーリー

九州若松港で正義派の親分として知られた岡源の身内、加助と留吉とは加助は中学の野球部の主将兼投手、留吉が商業学校の主将兼捕手で争った時からのくせで、お互いのことになる意地を張ってゆずらなかったが岡源チームが他流試合をするとなると名バッテリー振りを発揮した。二人とも小料理「川太郎」のお仙ちゃんに惚れてゆずらないのだったが、岡源と仲の悪い橋伝組チームと試合のとき、二人はお仙の偽手紙で松源寺へおびき出され、危うく決闘するところ、途中で明日の試合を思い出して喧嘩は延期した。しかしその試合は、岡源と橋伝の大喧嘩でドロンゲームで終わった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。