日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

獣の宿
ケモノノヤド

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1951年06月08日 
製作会社
松竹・京都 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
85分  

製作は「怪塔伝」の小倉浩一郎。藤原審爾の小説新潮に連載した小説「湖上の薔薇」から「殺陣師段平(1950)」のシナリオを書いた黒澤明が脚色し、「黒い花」の大曾根辰夫が監督に当たっている。出演者の主なものは「白痴」の志村喬、「怪塔伝」の鶴田浩二、「少年期」の小林トシ子、他に藤原釜足、清水将夫、毛利菊枝などの脇役陣それに新人岸恵子が重要な役で出演している。

スタッフ

製作
小倉浩一郎
原作
藤原審爾
脚本
黒澤明
監督
大曾根辰夫
撮影
片岡清
美術
桑野春英
音楽
加藤光男

ストーリー

湖畔のホテルに、人を殺して来た健が逃げ込んで来たが、ホテルの支配人弥造は無頼の徒であった前身を知る健を追い出すことが出来なかった。そして健の轢き逃げした老婆のことで小谷巡査がたずねて来たときも健のことを訴え出ることが出来なかった。弥造の孫娘由紀はそれを不審に思い真相を知ろうとしたが、健は彼女の清純な美しさにひかれ、これを獣欲の犠牲にしようとしたが果たさなかった。健の身代わりになった弟分次郎の情婦ユリは次郎を救って貰おうと健を訪ねて来て却って彼に犯され湖に身を投じて死んだ。そのことから警察が動き出し健の身辺が危うくなったので、由紀の案内で死んだ老婆の家にかくれた。そしてそれを機会にまた由紀を襲おうとしたが、その場に来合わせた弥造は、掌中の珠としている由紀の純潔がけがされたものと思って、健を湖上におびき出して猟銃で撃ち殺した。湖畔で釣りをしている小谷巡査の傍に、弥造は立って、健を殺したことを告げ由紀のことをくれぐれも頼むのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。