日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年4月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

情炎の波止場
ジョウエンノハトバ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1951年06月08日 
製作会社
大映京都 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
84分  

「熱砂の白蘭」と同じく新藤兼人と棚田吾郎の協同による脚本で、「赤い鍵」の安田公義が監督にあたっている。主演者は、「自由学校(1951 吉村公三郎)」(大映)の藤田進と京マチ子で、それに柳永二郎、三井弘次などが助演している。

スタッフ

脚本
新藤兼人棚田吾郎
監督
安田公義
撮影
今井博
美術
中村能久
音楽
伊藤宣二

ストーリー

貨物船北洋丸の機関夫笠井は、仲間の次郎に喧嘩を吹っかけられ争っているうちに、次郎は激浪に足をさらわれて海中に没した。次郎の姉、千恵は、港町の酒場で働きながら、弟の帰航を待っていたが、機関長の足立や笠井などがやって来て聞かされたのは悲しい弟の死だった。笠井は自分にも責任があるように感じて、千恵を慰めようとしたが、かえって彼女の反感をあおった。その上酒場のマスター島村は笠井に敵意をもって乾分に闇討ちをさせたが、笠井はあべこべに一味を海中へ投げ込んだ。千恵は笠井と度々会ううちに、次第に好意を持ち合うようになったが、足立は二人の仲を嫉妬して次郎の死は笠井のためであると中傷した。そのため、笠井が結婚を申し込んだとき、千恵ににべもなくはねつけられ、呆然としているすきに島村のためにのされ船へ運ばれた。正気にかえった笠井は港を出航しようとしている船から海へとび込んで千恵の許へ駆けつけ、島村の掌中におちようとしている千恵を救った。誤解のとけた二人の間に、初めて暖かい抱擁が交わされた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/04/26]

映画情報を18件更新しました。

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。