日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

袴だれ保輔
ハカマダレヤススケ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1951年06月22日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
95分  

製作は「熱砂の白蘭」の田中友幸で、雑誌「オール読物」所載の吉川英治の原作から「江の島悲歌」の八住利雄が脚色、「新粧五人女」の滝沢英輔が監督に当たっている。撮影は「白い野獣」の玉井正夫である。出演者の主なものは「若い娘たち(1951)」の池部良、伊豆肇、若山セツ子に「佐々木小次郎 (第一部)(1950)」の山根寿子、宝塚少女歌劇からの新人新珠三千代、それに東山千栄子、小沢栄、清川荘司などである。

スタッフ

製作
田中友幸
原作
吉川英治
脚本
八住利雄
演出
滝沢英輔
撮影
玉井正夫
美術
北辰雄
音楽
飯田信夫

ストーリー

藤原一門が権勢と栄華を極め、庶民はその重圧に苦しんでいた頃のこと、袴だれ保輔と呼ばれる侠盗が現れ、庶民の頭上に盗んだ黄金の雨をばらまいては姿を消すのであった。彼はその昔、秀才の誉れが高かったにもかかわらず、家名のある家の子弟でないところから、当時の栄達の唯一つの道である勤学院の試験に落とされたことを怒って、唯一人の母と許婚の千種とをすて、盗賊となり果てたのであった。山塞へ、もと江口の里の遊女白女が彼を慕って来たとき、保輔の相棒となっている山賊の鬼童丸は、これを横取りしようとして、右馬寮の馬十頭を一夜に盗み出す賭を保輔にせまって負けた。源頼信は保輔を討ち取る命を受け、二度までも矢を射たが、頼信の妻こそ昔の恋人千種であると知って、保輔はその娘千鶴を誘拐して山塞へ連れ戻った。その千鶴へ鬼童丸はみだらな眼を向け、白女は嫉妬した。しかし計らずも千鶴が自分の実の娘であると知ったとき、保輔は父とは名乗らず危険を冒して千鶴を都へ送りかえし追って来た検非遣使たちに包囲され、谷間へ追いつめられて、白女と共に死んで行ったのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。