日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

覗かれた足
ノゾカレタアシ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1951年06月22日 
製作会社
新東宝 
配給会社
新東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
83分  

製作と脚本は小川記正で、「愛染香」の阿部豊が監督、「銀座化粧」の三村明が撮影に当たっている。出演者は、「風雲児」の龍崎一郎、「東京のヒロイン」の轟夕起子、「若様侍捕物帳 呪いの人形師」の香川京子、それに進藤英太郎、小牧正英のバレエ団が出演する。

スタッフ

製作
小川記正
脚本
小川記正
監督
阿部豊
撮影
三村明
美術
下河原友雄
音楽
服部正
特別出演
小牧バレエ団

ストーリー

アンナ靴店の名人職人二郎助は地下室の仕事場で仕事をしながら、明かり取り窓の外を通る足を眺めているうちに、ある日美しい脚を見つけ、製作欲をそそられ、苦心してその靴型を取ると、見事な靴を作りあげた。この靴に心をひかれた二人の女性があった。一人は牧田バレエ団に通っている少女アヤ子、いま一人は街の顔役島村の情婦トシ子であった。アヤ子の兄健二は島村の罪を着て獄舎にあったが彼の恋人ユリはキャバレーで働きながらアヤ子を一人前のバレリーナに育てる健二の夢の実現につとめていた。バレエ公演の近いある日健二は出獄して来て、アヤ子の靴への執着を知ってアンナ靴店へ行ったが一足先に島村の子分小林が来ていた。健二は小林にたのんで靴を譲ってもらったが、その直後、店主は殺害され金庫の金が奪われていることが判明した。問題の靴を手がかりに犯人捜索がはじまり、ついに健二に嫌疑がかかったが犯行当時地下室で仕事していた二郎助が目撃した犯人の靴の主が小林であることを証言した。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。