日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

西城家の饗宴
サイジョウケノキョウエン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1951年06月15日 
製作会社
大映東京 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
84分  

脚本は「誰が私を裁くのか」の新藤兼人、「恋の阿蘭陀坂」の鈴木英夫の監督に、カメラは同じく渡辺公夫である。主演者は「赤い鍵」の菅井一郎、「誰が私を裁くのか」の瀧花久子、「銭形平次(1951)」の三條美紀、「白痴」の千秋実、「袴だれ保輔」の若山セツ子、それに中北千枝子、荒川さつき。小林桂樹、清水将夫、井上大助など。

スタッフ

脚本
新藤兼人
監督
鈴木英夫
撮影
渡辺公夫
美術
木村威夫
音楽
斎藤一郎

ストーリー

西城晋作は元海軍大佐であったが敗戦後は失業中で、長男浩太郎が銀行へ勤めているほかはこれといって収入の道なくタケノコ生活であった。その家には、妻民江のほか、前記長男夫婦にその子供、戦死した次男の嫁咲子、次女敦子、三男泰三郎と仲々の大家族であった。咲枝は自分も職を求めて働きたいというが、晋作夫婦は咲子に幸福な再婚をさせてやりたいと願っている。敦子は映画のニューフェイス志願で幾度も試験を受けては失敗しているが新劇の研究生になって天気座へ通っている。そこで知り合いになった加取が晋作を劇作家協会の事務局長の職にあっせんした。咲枝は次女藤子の夫鯉口駿介の紹介で酒井三郎と結婚して西城家を去るが、その後藤子は早産して予後が悪くその入院費に敦子のピアノが売られる。敦子は悪質芸能ブローカーの山下の口車にのせられるが危ういところをのがれた。その代わり晋作は山下から敦子のために使った五万円を返せと脅迫され、娘の名誉を重んじて誰にもそれを告げず協会の金五万円を流用して山下へ返した。公金費消を協会からなじられたが敦子の名を出さぬため彼は狂人のふりをした。金は家族のものや咲枝夫婦、加取までもが力を合わせて作って協会へ返した。この間の事情を知る加取は敦子と結婚した機会に、晋作の公金費消の事情を協会長の水野に打ち明けたので、晋作の父性愛に感激した水野は晋作に再び協会へ復帰するように頼みに行くのだった。波乱のあとに、西城家には再び平和な毎日がおとずれた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。