日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

七つの星座
ナナツノセイザ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1951年06月29日 
製作会社
大映東京 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
88分  

脚本は「海賊島」の倉谷勇が書き、「消防決死隊」の田中重雄の監督で、同じく峰重義が撮影に当たっている。主演者は「虎の牙」の上原謙と宝塚からの新人伏見和子。それに岡村文子、藤原釜足、利根はる恵などが助演。

スタッフ

脚本
倉谷勇
監督
田中重雄
撮影
峰重義
美術
高橋康一
音楽
斎藤一郎

ストーリー

元皇族東六條春彦は、臣籍に降下したとは言え、乳母を始め、側近の者や親戚にその行動を束縛されて、何一つ自由にならぬ身であった。ある日定められた見合いの帰途、自動車の故障で地下鉄にのり、乳母と離れてしまった。天文学に興味を持つ春彦が、「天体の驚異」というポスターにつられて劇場へ入ったとき、そこはレビュー小屋で、踊子の靴がとんで春彦の顔に当たった。踊子は千恵子といって地下鉄でも、春彦の服のボタンにセーターの毛糸がからまって困った娘であった。度重なるめぐり合わせは二人を近づけ恋を語るようになつたが、東六條家では近頃ひんぱんな春彦の外出に不審を持って人を使ってさぐらせた結果、千恵子に春彦の身分を明かして身をひくように迫った。千恵子が急によそよそしくなったのを不思議に思っていた矢先、親族会議があって不行跡をなじられた春彦は同道と自分の愛情を告白して、千恵子の許へ去った。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。