日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年4月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

鞍馬天狗 角兵衛獅子(1951)
クラマテングカクベイジシ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1951年07月12日 
製作会社
松竹・京都 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
91分  

製作は「獣の宿」の小倉浩一郎で、大佛次郎の原作から「怪塔伝」の八尋不二が脚本を書き、「獣の宿」の大曾根辰夫が監督に当り、同じく片岡清が撮影を担当。出演者は、「万花地獄」の嵐寛寿郎、「わが家は楽し」の山田五十鈴、「泣きぬれた人形」の美空ひばりなどに、月形龍之介、加藤嘉、川田晴久、三島雅夫、萩町子、進藤英太郎などである。

スタッフ

製作
小倉浩一郎
原作
大佛次郎
脚本
八尋不二
監督
大曾根辰夫
撮影
片岡清
美術
川村鬼世志
音楽
鈴木静一

ストーリー

御用聞隼の長七に使われている子供角兵衛獅子の杉作と新吉が金を落して途方にくれているのを松月院の寺の前で覆面の侍が金を恵んでくれた。その金を見た長七は、その侍こそ鞍馬天狗だと松月院を襲った。杉作は自分を助けてくれた鞍馬天狗を短銃でねらう近藤勇の腕に思わずすがりつき天狗の命を救ったことから長七の折檻を受けるが、天狗はその杉作を救って西郷吉之助にあずけた礫のお喜代と呼ばれる投石の名人は、小河原進助と恋仲であったが、進助の死んだのは天狗のせいだと思い込み彼をつけねらっていたが、大阪城の水牢から杉作の助けで天狗が脱出したあと、単身天狗の寝込みを襲って失敗したお喜代は、やけになってそのまま天狗の住居に居すわっている。そのうちにお喜代は杉作と仲良しになり進助の死が、天狗のためでない事を知るが、その時天狗は西郷の命令で江戸へ立つことになり、その前に近藤からの果し状で東寺へ出かけて行こうとする。東寺で近藤の刀を払い落した天狗は勝敗は又の機にと笑ってそのまま江戸へ馬を走らせた。江戸の天狗から杉作とお喜代への便りに、「私の心に今はじめて怖いと思うもののひそんでいるのを知った……」とあって、お喜代の簪が封じてあった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/04/26]

映画情報を18件更新しました。

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。