日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年4月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

夜の未亡人
ヨルノミボウジン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1951年07月20日 
製作会社
新東宝 
配給会社
新東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
108分  

製作は「エノケンの天一坊」「雪夫人絵図(1950)」の滝村和男に野坂和馬が協力し、舟橋聖一の原作より「悲歌」の山本嘉次郎が脚色、「麗春花」の島耕二が監督に当り、同じく小原譲治がカメラを担当している。出演者は、「あゝ青春」の高峰三枝子と若原雅夫、「袴だれ保輔」の伊豆肇、「盜まれた恋」の久慈あさみ、その他植村謙二郎、清川虹子、清川荘司などが主な人々である。

スタッフ

製作
滝村和男野坂和馬
原作
舟橋聖一
脚色
山本嘉次郎
演出
島耕二
撮影
小原譲治
美術
加藤雅俊
音楽
斎藤一郎

ストーリー

柳子は、夫豊一郎の死後かつて毒牙にかけられたことのある桑名コンツェルンの一会社の社長桑名研の後妻となり、研は追放令にかかって隠退後、脳溢血で半身不随となった。研には柳子と同じ年齢の息子新があったが、病床の研は柳子と新との間を嫉妬して不随の身で二階からころげ落ち狭心症を起して急死した。研の死後、柳子は銀座にバアを経営して新の画の勉強を助けていた。そのバアで新は似顔絵を描きながら画の苦学をしている仲西加音子を知って彼女を愛するようになったが、柳子は若い二人の愛情への嫉妬から、加音子をバアの常連で実業家の橋場に近づけ、加音子を橋場の術中に陥らしめた。新はそれを怒って柳子の家を出てしまい、柳子ははじめて自分の犯した失策に気がついた。柳子は若い二人を再び結びつけたいと願って、自らが橋場の犠牲になろうとする。バアテンダーの関は、無言のうちに柳子への限りない愛情を秘めていたが、柳子の決意を知って、ついに橋場を殺傷する。柳子は関の熱情に初めて男の誠実な愛を知り、ひかれて行く関をはげまし、彼の出獄を待つと誓うのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/04/26]

映画情報を18件更新しました。

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。