日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

キッズ・リターン 再会の時
キッズリターンサイカイノトキ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
2013年10月12日 
製作会社
バンダイビジュアル=テレビ東京=東京テアトル=オフィス北野 
配給会社
東京テアトル=オフィス北野 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
107分  

1996年、北野武監督が発表した「キッズ・リターン」のその後を描く人間ドラマ。別々の道を歩んでいた高校の同級生が10年後に再会、再びそれぞれの人生に勝負をかける姿を描く。監督は「チキン・ハート」の清水浩。出演は「しあわせのパン」の平岡祐太、「ふがいない僕は空を見た」の三浦貴大、「遠くでずっとそばにいる」の倉科カナ。

スタッフ

監督
清水浩
脚本
益子昌一清水浩
原案
ビートたけし
エグゼクティブプロデューサー
森昌行
プロデューサー
加倉井誠人
撮影
鍋島淳裕
美術
尾関龍生
音楽
遠藤浩二
録音
久連石由文
音響効果
柴崎憲治
照明
三重野聖一郎
編集
太田義則
衣裳デザイン
森口誠治
メイク
宮内三千代
キャスティング
古川威史
アソシエイト・プロデューサー
川城和実井澤昌平太田和宏吉田多喜男
ライン・プロデューサー
小宮慎二
製作担当
齋藤悠二
助監督
吉田亮

ストーリー

高校卒業後、落ちこぼれだった同級生シンジ(平岡祐太)とマサル(三浦貴大)は、それぞれシンジはボクシング、マサルはヤクザの道を選んだ。その頂点を目指し、別々の世界に飛び込んだ二人だったが、世の中は甘くなく、理想と現実のギャップや越えられない壁にぶつかり挫折。互いに会うこともなく10年が過ぎた……。シンジはボクシングに以前のような情熱を傾けられず、ジムも辞めて何となくアルバイトをこなす日々。刑務所から出所したばかりのマサルはヤクザに戻るが、うだつの上がらない生活を送っていた。そんなある日、ふとした偶然から再会を果たした二人は、互いのくすぶっていた心に火がついた。「見返してやろうぜ」マサルの言葉を胸に、再びリングに上がるシンジ。一方のマサルも、自らの人生をかけたある勝負に出ようとしていた……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: 8mm シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。