日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

あばれ神輿
アバレミコシ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1951年07月06日 
製作会社
東映 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
78分  

エノケンプロと東映の提携作品としてマキノ光雄の製作、藤川公成の企画である。小国英雄の原案を安達伸生と共に「万花地獄」の脚本を書いた民門敏雄が脚色し、「風雲児」の萩原遼が監督し、同じく永塚一栄が撮影に当っている。出演者は、「にっぽんGメン 不敵なる逆襲」の片岡千恵蔵に花柳小菊、「エノケンの天一坊」以来の榎本健一、中村是好に田島辰夫、吉村美紗子などエノケン一座の人々である。

スタッフ

製作
マキノ光雄
企画
藤川公成
原案
小国英雄
脚色
民門敏雄
監督
萩原遼
撮影
永塚一栄
美術
小池一美
音楽
山田栄一

ストーリー

江戸下町、深川富吉町の一隅源兵衛長屋には、板場の幸三、浪人千葉伝右衛門に娘若江、人形師宝山夫婦、居合抜屋兵介夫婦、駕屋の友三と松吉などが住んでいたが、等しく強慾者の家主源兵衛には恨みをもっていた。千葉伝右衞門に国元より使いがあり、松平藩への帰参がかなったと知らせられたとき、長屋の連中はそれを祝って一夜の宴を張ったが、そこへ源兵衛が現われてごたくをならべ折角の楽しい宴をめちゃくちゃにしてしまった。その夜、当の源兵衛が殺された。少しそそっかしい目明し藤七の活躍がはじまり長屋の面々を片っぱしからあやしいとにらんで追っかけまわした。幸三は死骸の傍にあった出刃包丁で、芸者の小仙も若江もかんざしがおちていたからといわれ、錠前屋は急に金まわりがよくなったからということで、伝右衛門は翌朝旅仕度をしていたという点などがあやしまれた。がついに事件は奉行遠山金四郎直々のお裁きとなる。その金四郎こそ実は板場の幸三で数年前の凶悪な脱獄囚を追うために源兵衛長屋に住んでいたもので殺された源兵衛と彼を殺した宝山とが、求めていた凶悪犯人と知れ事件落着した。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。