日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

愛妻物語
アイサイモノガタリ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1951年09月07日 
製作会社
大映京都 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
97分  

新藤兼人が自ら書き卸したシナリオによる監督第一回作品で、撮影は「上州鴉」の竹村康和が担当している。主演は「限りなき情熱」の宇野重吉と「お遊さま」の乙羽信子、それに英百合子、滝沢修、清水将夫、菅井一郎、香川良介、殿山泰司などの助演陣である。

スタッフ

脚本
新藤兼人
監督
新藤兼人
撮影
竹村康和
美術
水谷浩
音楽
木下忠司

ストーリー

沼崎敬太がまだ東京のある撮影所の脚本研究生であったとき、下宿の娘孝子と相愛の間柄になった。しかし、孝子の父は映画に理解なく二人の結婚に反対して沼崎を家から追立てた。孝子は父に叛いて敬太の許へ走り、二人の結婚生活がはじめられた。その頃日本は軍閥政治の重圧の下にあり、映画製作会社の合併問題など起り、人員整理の嵐が当然敬太にも波及しそうになったので、敬太は孝子と計って京都の撮影所企画部長増田氏を頼って行った。増田氏の紹介で敬太は坂口監督の仕事をもらい、孝子の内職などで糊口をしのぎながら、一作を書きあげたが、坂口監督からは、最初から勉強のしなおしをするんだねといって脚本を返された。自信を失いそうになった敬太を励ました孝子は、再び苦しい内職に夜を日をついだ。敬太も死もの狂いの勉強をはじめた。そうして書き上げた脚本はようやく坂口監督の気に入ったのであったが、孝子は長い間の無理がたたって急性結核で倒れた。敬太が坂口監督の命で第二稿、第三稿と書き直しをし、ついに明日決定稿を渡すという日、孝子は「一生シナリオを書いて」という遺言を残して静かに死の眠りについたのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。