日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

夏祭り三度笠
ナツマツリサンドガサ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1951年08月10日 
製作会社
松竹・京都 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
91分  

製作は、「嵐の姉妹」の小倉浩一郎と「あゝ青春」の杉山茂樹との共同で、脚本は「花ある怒濤」の柳川真一が書いている。監督は「怪塔伝」の丸根賛太郎、撮影は「おぼろ駕篭」の石本秀雄が当っている。出演者の主なものは、新国劇の島田正吾、久松喜世子に、「鞍馬天狗 角兵衛獅子(1951)」の山田五十鈴、他に月形龍之介、黒川弥太郎などである。

スタッフ

製作
小倉浩一郎杉山茂樹
脚本
柳川真一
監督
丸根賛太郎
撮影
石本秀雄
美術
川村芳久
音楽
西梧郎

ストーリー

木曽の山から筏を組んで木曽川を下る筏稼業の中乗り新三は気っぷのよい男で組頭の嘉平に可愛がられ、その一人娘のおみよとの仲も公認のかたちだった。新三の兄貴分熊五郎は、それを快く思わず、仲間を使って新三に喧嘩を売らせ、賭博で二十両の借金をしていると中傷をしたので、新三は嘉平から叱責を喰った。そのあげく嘉平と新三の乗った筏が途中蔓が切れ、嘉平は川中へ転落して死んだ。このため新三は嘉平殺しの罪にとわれ、熊五郎のすすめで江戸へ飛んだ。旅先でふと知り合ったお駒という女が、恋しいおみよに生写しで、無生に木曽がなつかしくなり、一年ぶりで舞いもどって見ると、熊五郎は新三を追っぱらっていい気になり、横暴を極めていた。その上おみよを自由にしようと自分の家へ押し込めていると知って、新三は単身熊五郎の家へ斬り込んだ。このとき熊五郎の家に居候していた浪人諏訪大八は、熊五郎の悪辣さに愛想をつかし、新三に加勢してくれたので、無事におみよを助け出すことが出来た。そして新三は今は心残りなく、明るい心を持って卯之吉にひかれて行くのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。