日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

劇場版 TIGER&BUNNY The Rising
ゲキジョウバンタイガーアンドバニーザライジング

作品名でWeb検索する
レイティング
一般映画  
英語名
TIGER & BUNNY -The Rising-  
上映時間
108分  

企業スポンサーを持つ個性的なヒーローたちの活躍を描いて人気を呼んだSFアニメーションシリーズの劇場版第2弾。新ヒーローも登場して、テレビシリーズの後日談を描く。声の出演は『宇宙兄弟』の平田広明、「ドラゴンボールZ 神と神」の森田成一、『マクロスF』の中村悠一。「映画 妖怪人間ベム」の西田征史が脚本を担当。

スタッフ

監督
米たにヨシトモ
ストーリーディレクター
西田征史
脚本
西田征史
原作
サンライズ
企画
サンライズ
キャラクター原案
桂正和
キャラクター・デザイン
羽山賢二板垣徳宏山本美佳
ヒーローデザイン
桂正和
メカデザイン
安藤賢司
総作画監督
羽山賢二板垣徳宏山本美佳
デザインワークス
小曽根正美
撮影監督
田中唯後藤春陽
美術監督
大久保錦一
美術設定
児玉陽平
音楽
池頼広
主題歌
UNISON SQUARE GARDEN
音響監督
木村絵理子
音響効果
倉橋裕宗
編集監督
奥田浩史
3DCGディレクター
笹川恵介
色彩設計
永井留美子
タイトルロゴデザイン
海野大輔

出演者

ストーリー

一度は引退しながらも、ヒーローに復帰したワイルドタイガーこと鏑木・T・虎徹(声:平田広明)は、相棒のバーナビー・ブルックスJr.(声:森田成一)とともに、2部リーグのヒーローとして街の事件に取り組んでいた。しかし、事あるごとに口論を繰り広げる2人の様子は相変わらず。そんな中、バーナビーは、1部リーグで活躍するかつてのライバル、スカイハイ(声:井上剛)、ブルーローズ(声:寿美菜子)、ドラゴンキッド(声:伊瀬茉莉也)、ファイヤーエンブレム(声:津田健次郎)、折紙サイクロン(岡本信彦)、ロックバイソン(声:楠大典)たちの活躍を人気番組“HERO TV”で目にして、1部に復帰したいとこぼすのだった。そんなバーナビーを諭しつつ、複雑な思いを抱く虎徹。一方、2人が所属するアポロンメディアは、新たにカリスマ実業家のマーク・シュナイダー(声:大塚芳忠)をオーナーに迎え、会社の立て直しを図っていた。その一環として、シュナイダーはバーナビーの1部リーグ復帰を決定。だが、バーナビーの相棒はワイルドタイガーではなく、新ヒーロー“ゴールデンライアン”ことライアン・ゴールドスミス(声:中村悠一)だった。時を同じくして、シュテルンビルトの街では奇妙な事件が続発する。伝説の女神がシュテルンビルトに下した天罰を思わせるその事件は、街の滅亡を暗示するのか……。その事件の影にうごめく3人の特殊能力者“NEXT”。事件の真の目的とは?女神伝説を祝うジャスティスデーが迫る中、謎に翻弄されるヒーローたちに更なる危機が襲いかかる。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: 16mm アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。