日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

The lion dance しあわせ獅子あわせ
ザライオンダンスシアワセシシアワセ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
2014年03月22日 
製作会社
しあわせ獅子あわせ製作委員会 
配給会社
ティ・ジョイ 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
105分  

香川県に古くから伝わるお祭りである獅子舞を通じて、伝統を守り、人生を紡いでいく人々の物語を描いたホームドラマ。両親の離婚により香川県の母の実家に預けられた大阪生まれの少年が、獅子頭職人の祖父からあることを教えられ……。監督・脚本は、本作が初監督作品となる釜次智久。さぬき映画祭2013グランプリ受賞。

スタッフ

監督
釜次智久
脚本
釜次智久
エグゼクティブプロデューサー
鉢峯純孝
プロデューサー
西原仁見
制作
伊賀千賀子西原仁見
助監督
田中千春
撮影
山下剛史組橋徹
録音
鉢峯輝敏岸田義則
照明
朝比奈繁
スクリプター/記録
冨野明美
美術
十河浩二堀川真貴香中井裕子
衣裳デザイン
岩田千春黒木由紀美
音楽
安藤ヒロシ
主題曲/主題歌
モリアイコ
音響効果
渡邊博文
編集
鉢峯輝敏釜次智久

ストーリー

大阪生まれの少年・喜多ユウヤ(熊岡杏斗)は、離婚した看護師の母・真理子(楠本和恵)と二人暮らしをしている。ユウヤを私立中学に通わせる費用を貯めるため、真理子は給料の高い緊急病棟にシフト替えをし、その間、ユウヤを実家に預けることになった。真理子の父・喜多松次郎(石垣のぼる)は、香川独特の紙張り子・漆塗り技法で獅子頭を作る職人である。内気なユウヤは自分の部屋にこもってゲームをするのが好きで、近所付き合いの多い香川の下町の生活に馴染めずにいた。そして、喜多家に何体も置かれている獅子頭を恐れていて、毎晩青い獅子の夢を見ていた。松次郎はユウヤに、夢の中の獅子はユウヤに踊らせてほしがっている、獅子を踊らせてやれば願いを叶えてくれると教える。ユウヤは父と母が復縁し、家族一緒に暮らすことを望んでいた。ユウヤの願いは叶うのだろうか……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: 16mm 16:9
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。