日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

東京河童まつり
トウキョウカッパマツリ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1951年08月31日 
製作会社
新東宝 
配給会社
新東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
86分  

製作は杉原貞雄、「奴隷の街」の八住利雄の脚本で、「母を慕いて」の斎藤寅次郎が監督し、「右門捕物帖 帯どけ仏法」の友成達雄が撮影を担当している。出演者は、歌謡歌手田端義夫、川田晴久、古川緑波、柳家金語楼、渡辺篤、木戸新太郎、伴淳三郎などの喜劇俳優が顔をならべている。女優は清川虹子、関千恵子などである。

スタッフ

製作
杉原貞雄
脚本
八住利雄
監督
斎藤寅次郎
撮影
友成達雄
美術
加藤雅俊
音楽
鈴木静一

ストーリー

江村圭一は隅田川のだるま船の万造と別れ、幼友達一郎の働く理髪店に勤めることになる。折から散髪奉仕日で水上児童ホームの子供たちが沢山やって来たが、寮母の光子を店主の娘とは知らず、圭一は好意を持ってしまう。光子には北海道に丸男という恋人のいることを知らず、一郎も恋している。アプレ紳士の丸男がホームへ遊動円木を寄附することを口実に光子にいいよっているのに憤慨した圭一と一郎は、流し歌手をして一生懸命に稼いで、自分たちの手で遊動円木を寄附しようとがんばっている。隅田水連の社長山井庄次郎とその妻はま子は空襲で一粒種の息子を失ったが、その子が万造にひろわれた三吉であると知って、子供を返せとせまる。万造は自分の生き甲斐である三吉を失ってはと嘆くが、三吉の幸福のために涙をのんで彼を夫妻へかえした。一人ぼっちになった万造に、光子はお鈴という女房を世話してやった。そして、ひそかに丸男と結婚して北海道へ旅立った。児童ホームでは圭一たちの寄附した遊動円木の除幕式が行われ、傷心の一郎は理髪店を貰った。隅田を上り下りするだるま船からは又圭一の唄声がきえることになった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。