日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年4月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

東京悲歌
トウキョウエレジートウキョウヒカ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1951年09月28日 
製作会社
大映東京 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
88分  

脚本は「愛妻物語」の新藤兼人が執筆、「七つの星座」の田中重雄が監督に当り、同じく峰重義がカメラを担当している。配役は「霧の夜の恐怖」の宇佐美諄と沢村晶子、「南風」の若原雅夫、「七つの星座」「歌う野球小僧」の伏見和子が重要な役を演じるほか、見明凡太朗、吉井莞象、瀧花久子などが助演している。

スタッフ

脚本
新藤兼人
監督
田中重雄
撮影
峰重義
美術
柴田篤二
音楽
斎藤一郎

ストーリー

一九四五年、まだ戦争の終らぬ頃の不隠な空気の充満した上海で、木島敦子と工藤隆次とは恋し合い、結婚の約束を交わした。隆次はその後すぐに、出征し終戦後はシベリアへ捕虜として連れ去られた。東京へ引あげた敦子は、無事であったら「ニコライ堂の庭へ、クリスマスのお午に来るように」との隆次との約束を頼みに、一九四六年にも、四七年にも、クリスマスの正午、ニコライ堂へ行って見たが隆次は姿を見せなかった。上海時代の知人田沼慎吾は東京で新事業に成功していたが、敦子は慎吾の秘書として働くようになった。一九四八年のクリスマスには慎吾が警察へ呼ばれ、敦子も参考人として同行して時間がおくれた。このときは復員した隆次が一人淋しく敦子を待ったのだった。五年目のクリスマスにも運命は二人を相会わせず、その間に敦子は慎吾の求婚に応じて結婚することになった。その式の当日、招待された中川博士の代理で出席した隆次が、花嫁姿の敦子にはじめてめぐり合ったのだった。隆次としめし合せて新婚旅行を抜け出した敦子は強羅の宿へ逃げるが、隆次は感情に走った行動を恥じて、慎吾にすべてを打明けて後結ばれるべきだとそのまま東京へ引きかえした。慎吾の態度の立派さに隆次は敦子との恋もあきらめるべきであると考えるが、敦子の自殺未遂などの事件があってついに純愛が周囲の祝福を得て結ばれることになった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/04/26]

映画情報を18件更新しました。

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。