日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

唐人街の鬼
トウジンガイノオニ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1951年09月07日 
製作会社
東映 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
81分  

マキノ光雄の製作で、佐々木味津三の原作から「春怨」の井上金五郎、「風雲児」の若尾徳平が共同で脚本を書き、「若様侍捕物帳 呪いの人形師」の中川信夫が監督し、「又四郎笠」の藤井春美が撮影に当っている。出演者は、「豪快三人男」の市川右太衛門、「水戸黄門漫遊記 飛龍の剣」の月形龍之介、「無国籍者」の宮城千賀子などに、加藤嘉、山口勇、花菱アチャコ、その他俳優座の井上由利子という新人が出演。

ストーリー

幕府がキリシタン信者をその子供まで共に海外へ追放した時代のこと、日本で唯一の開港場長崎では、黄金の小判を狙う怪盗が横行して、幕府からオランダなどへ手交される公金が頻々と強奪された。そこへ江戸で旗本退屈男と名を売った早乙女主水之介がひょっこり姿を現した。いわずと知れた秘密の使命を帯び長崎の悪を一掃するためであった。長崎奉行会我内記の家に居候しているが、ある夜浜通りで救った混血娘加代の口から、沖に入港中の唐人船恒順丸の荷主陳雲龍が、実は日本人で、ジャガタラきってのゴロツキだという事実を知った。その手づるをたぐって、主水之介は、与力通役森川や貿易取締りの六崑屋が黄金の密輸出をしていることをさぐり、恒順丸の甲板で森川を捕えた。一方加代は実母が料亭メルミン亭の女将お谷であることを知り会いに行く。折からここで酒宴中の六崑屋、悪奉行拓植は加代が悪事の生証人であるためにこれを殺そうとするが、さすが悪性女でも母は母、お谷は加代をかばって彼等に殺される。そこへ主水之介が乗り込み、加代を救うと共に、加代、森川の生証人をもって悪人共を一掃した。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。