日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海
ウチュウセンカンヤマトニイチキュウキュウツイオクノコウカイ

作品名でWeb検索する

1974年にTV放映された『宇宙戦艦ヤマト』第1作をベースに、新たなスタッフで製作された『宇宙戦艦ヤマト2199』のTVシリーズ全26話を新たな視点で振り返る特別総集編。人類滅亡までわずか1年と迫るなか、イスカンダルへと向かう宇宙戦艦ヤマトの16万8千光年の大航海を描く。監督は「劇場版 メジャー MAJOR 友情の一球」の加戸誉夫。

スタッフ

総監督
出渕裕
チーフディレクター
別所誠人
脚本
出渕裕
原作
西﨑義展
アニメキャラクター・デザイン
結城信輝
チーフメカニカルディレクター
西井正典
メカニカルデザイン
石津泰志玉盛順一朗
撮影監督
青木隆
美術監督
谷岡善王
セットデザイン
小林誠高倉武史
音楽
宮川彬良宮川泰
エンディングテーマ
水樹奈々
音響監督
吉田知弘
編集
小野寺絵美
CGディレクター
上地正祐

出演者

ストーリー

西暦2199年。人類は絶望の淵に立たされていた。外宇宙から襲来した謎の星間国家ガミラスによる遊星爆弾により地球は壊滅的な被害を負い、人類滅亡までの猶予はわずか1年。残された最後の希望は、ガミラスの攻撃によって汚染された地球を浄化再生するシステム“コスモリバースシステム”であった。人類初の恒星間航行が可能となった宇宙戦艦ヤマトは、人類の命運を懸け、16万8千光年の彼方にあるイスカンダルへと旅立つ……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: ビデオ 他 /デジタル /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: 5.1ch

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。