日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

花宵道中
ハナヨイドウチュウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
2014年11月08日 
製作会社
東映ビデオ 
配給会社
東京テアトル 
レイティング
 
英語名
 
上映時間
102分  

宮木あや子の同名小説を原作に「ソフトボーイ」の豊島圭介監督が映画化。江戸末期の新吉原を舞台に、花魁として生きる女がひとりの男と出会い、その運命を大きく変えていく姿を描く。出演は「幼獣マメシバ」の安達祐実、「受難」の淵上泰史、「ふがいない僕は空を見た」の小篠恵奈、「愛の渦」の三津谷葉子、「初恋 夏の記憶」の多岐川華子。

スタッフ

監督
豊島圭介
脚本
鴨義信
原作
宮木あや子
企画
加藤和夫
プロデューサー
佐藤現矢後義和
撮影
藤石修
美術
松崎宙人
音楽
かみむら周平
音楽プロデューサー
津島玄一
録音
西田正広
整音
和田秀明
音響効果
竹本洋二
照明
沢田敏夫
編集
米田武朗
製作担当
芦田淳也
助監督
林稔充
エンディングテーマ
黒色すみれ

出演者

ストーリー

江戸時代末期。新吉原の人気女郎・朝霧(安達祐実)は、囚われの身ながらも地道に働き続け、間もなく年季明けを迎えようとしていた。そんなある日、朝霧は縁日で染物職人の半次郎(淵上泰史)と出会う。幼い頃に母から受けた折檻のつらい記憶から、心を閉ざし空っぽな日々を送っていた朝霧だったが、半次郎に生まれて初めて胸のときめきを感じ、今まで知らなかった女性としての気持ちが徐々に目覚めていく。だが、半次郎との出会いが朝霧の運命を大きく変え、やがて過酷な現実が彼女に襲いかかってくるのだった……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: ビデオ 他 /デジタル /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: 5.1ch

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。