日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

最後の命
サイゴノイノチ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
2014年11月08日 
製作会社
beachwalkers.制作プロダクション ブースタープロジェクト) 
配給会社
ティ・ジョイ 
レイティング
 
英語名
 
上映時間
110分  

中村文則の同名ミステリーを「まだ,人間」の松本准平監督が映画化。一つの殺人事件をきっかけに、幼少期に巻き込まれた凄惨な事件の記憶を抱えながら生きる二人の男の歪んだ人生が炙り出されていく。出演は「許されざる者」の柳楽優弥、「サクラサク」の矢野聖人、本作が映画デビューとなるモデルの比留川游、「捨てがたき人々」の内田慈。

スタッフ

監督
松本准平
脚本
松本准平髙橋知由
原作
中村文則
エグゼクティブプロデューサー
吉田正大
プロデューサー
中村千賀子三宅はるえ
撮影
長野泰隆
音楽
小瀬村晶
録音
尾崎聡

出演者

ストーリー

幼少期に集団婦女暴行事件に巻き込まれた明瀬桂人(柳楽優弥)と冴木裕一(矢野聖人)は、事件の記憶に苛まれながら年を重ねていた。成人した桂人はいまだ事件の記憶を抱え、人と肌を重ねる事に穢れを感じ、目的も無くフランス文学の翻訳作業を続けている。デリヘル嬢や、心を病み入院をしている同級生で恋人の小泉香里(比留川游)との電話という最低限の人との関わりの中で生きる彼の元に、冴木から高校を卒業して以来の連絡が届く。だが7年ぶりに二人が再会した夜、桂人の部屋で顔見知りのデリヘル嬢が殺された。取り調べを受けることになった桂人は、冴木が婦女連続暴行で全国指名手配中の容疑者であることを刑事から聞かされる。やがて、忌まわしき記憶によって人生を歪まされてしまった二人の男たちの心の闇が炙り出されていく……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: ビデオ 他 /デジタル /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。