日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

酔いどれ八万騎
ヨイドレハチマンキ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1951年10月05日 
製作会社
東映 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
101分  

企画は「あばれ神輿」の藤川公成。山上伊太郎の遺作『浪人街第一話・美しき獲物』より、「豪快三人男」のマキノ雅弘が脚色し監督に当った。撮影も「豪快三人男」の三木滋人。出演者は「唐人街の鬼」の月形龍之介、宮城千賀子、小林重四郎などに、「月よりの母」の河津清三郎、「天狗の安」の原健作、喜多川千鶴など。

スタッフ

企画
藤川公成
製作
山上伊太郎
脚本
マキノ雅弘
監督
マキノ雅弘
撮影
三木滋人
美術
小池一美
音楽
大久保徳二郎

ストーリー

浪人たちの屯ろする居酒屋。荒牧源内は巾着切りの仇女房お新から、金を捲き上げては酒と女にいれあげていた。生真面目な土居孫左は、帰参叶う日のためにと賜った印篭までも糊口にした浪人。その妹ぶんが、グレ旗本の小幡兄弟らになぶられたのを知ると、追い出してしまった。分別臭い男母衣權兵衛は、源内の女房と知らずお新に淡い恋をしている。一方源内は芸者小芳とねんごろになっていた。その頃孫左に帰参の許しが伝えられたが、肝心の印篭が源内の手許にあり、おぶんは身を売ってでも取返そうとした。気のいい赤牛彌五右衛門という男、悪旗本につけ入れられ、計られてお新が旗本に捕えられた。源内をもおびき出そうとする手段だが、当の源内は功利一徹、動こうともしないので小芳もあきれ果てた。お新は夕闇に牛裂きの極刑に処されることになり、源内は急に気が変って印篭をおぶんに渡し、お新を救いに駆けつけた。母衣權も助太刀するのを見て、赤牛も旗本方から寝返り、源内に加胆して斬りまくり、自ら傷いて絶命した。孫左とおぶんは帰参の旅に上った。源内とお新も、何処とへもなく旅立って行くのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。