日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

平手造酒(1951)
ヒラテミキ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1951年11月02日 
製作会社
新東宝 
配給会社
新東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
"Miki,The Swordman"  
上映時間
107分  

製作は「右門捕物帖 帯どけ仏法」の竹中美弘。「オール読物」掲載の中山義秀の原作より、「羅生門」の橋本忍が脚色、「黄門と弥次喜多 からす組異変」の並木鏡太郎が監督に当っている撮影は「新遊侠伝(1951)」の河崎喜久三である。配役は「ひばりの子守唄」の山村聡、「逢魔が辻の決闘」の花井蘭子のほか、柳永二郎、月形龍之介、汐見洋、中村是好など。

スタッフ

製作
竹中美弘
原作
中山義秀
脚本
橋本忍
監督
並木鏡太郎
撮影
河崎喜久三
美術
梶由造
音楽
清瀬保二

ストーリー

郷土の家に生れ大家へ仕官を志した平手造酒は、剣豪千葉周作に師事して精進した甲斐あってその代稽古を勤める迄になった。周作は松平侯へ造酒を推せんしたが、同家では思いつきで角力を召抱えてしまった。その上、造酒より腕のない門弟が金と門閥とで大家へ召抱えられ、心をひかれていた周作の娘は名家へ嫁入り、柳橋で知った芸者増次は、同門の者に金で自由にされたことを知った。そうした事が重なるにつれて、造酒の心は傷つけられ自棄に陥ちて行った。大酒をあふり、荒んだ稽古のつけ方に門弟一同の憎悪を買ったあげく、健康を害して喀血した。そしてある夜増次と共に江戸をあとに旅に出て、利根川べりの町の祭礼に、居合抜きをやる迄に身を落していた。土地の顔役笹川の繁蔵は、造酒の腕を知って用心棒にと子分の富五郎を使者に立てた。造酒はそれ丈はと頑強に拒絶していたが、再び病いに倒れたため、繁蔵の世話を受けて静養する身になった。快方にに向った造酒は笹川の道場で子分の稽古を見てやりながら風の便りで周作が自分の帰るのを待っていてくれるときいて、初めて心の明くなるのを感じた。しかし笹川一家とこれを敵とする飯岡一家との醜い勢力争いに心ならずも巻き込まれるに及んで再び造酒の心は自棄の穴におち込み、自らその渦中に投じて果てたのであった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。