日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ズタボロ
ズタボロ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
2015年05月09日 
製作会社
東映ビデオ製作プロダクション セン トラル・アーツ企画協力 幻冬舎) 
配給会社
東映 
レイティング
PG-12  
英語名
 
上映時間
110分  

2007年に映画化されたゲッツ板谷の自伝的小説『ワルボロ』の続編『メタボロ』『ズタボロ』の映画化。立川を舞台に、暴走族、不良集団、ヤクザなどの抗争に巻き込まれる主人公の壮絶な生き様を描く。監督は、「探偵はBARにいる」の橋本一。出演は、「好きっていいなよ。」の永瀬匡、「HK 変態仮面」の清水富美加。

スタッフ

監督
橋本一
脚本
高橋泉
原作
ゲッツ板谷
音楽
海田庄吾

出演者

ストーリー

地元の不良グループで幅を利かせていたコーイチ(永瀬匡)、ヤッコ(荒井敦史)、キャームの三人は中学を卒業し、高校でも大きな顔をしたくて地元最凶の暴走族“立川獄門”に入る。しかし、そこでは新人教育という名の理不尽なヤキを入れられる日々が待っていた。コーイチはそれから逃れるように、高校でできた仲間の植木(堀井新太)と女遊びなど新しい生活を謳歌し出し、地元の集会には顔を出さなくなる。必然的に新人教育が集中したヤッコは半殺しになるまで追い込まれ、ついには精神を病んで引きこもってしまう。親友の変わり果てた姿を見たコーイチは、立川獄門に復讐するため、ヤクザの叔父・猛身(木村祐一)の舎弟になる。肩書を得て気を大きくしていたコーイチの前に現れたもう一人の叔父であるヤクザの組長・満が、暴力の支配する無慈悲な世界を体感させる。殴るという単純な力ではない威圧感に戦慄を覚えたコーイチだったが、自分一人の力では大切な人すら守れないと、自分を犠牲にする覚悟を母・良子に告げる。しかし、ヤクザを毛嫌いする良子は激高する。自分の苦悩を理解してくれない母親に背を向け、恋人の清美からも距離を置かれたコーイチは自暴自棄になっていく。そんな中、植木が以前から対立していた不良グループに襲われ、大怪我を負う。病院で悔し涙を浮かべる植木を見て、鬼(成田瑛基)は仇討ちに向かおうとする。しかしコーイチは、植木の怪我で完全にビビってしまい、鬼を追うことができなかった。叔父の満に電話して助けを乞おうとするコーイチだったが、ふとした瞬間に自分は何一つ戦っていないことに気づく。獄門やヤクザの肩書ではなく、自分の力だけで敵に立ち向かおうと決意するコーイチの元に、親友のピンチを聞きつけたヤッコも現れ、戦いに身を投じようとする。すべての感情と己にケリをつける、コーイチの男の戦いが始まる。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: ビデオ 他 /デジタル /16:9
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。