日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

極道大戦争
ゴクドウダイセンソウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
2015年06月20日 
製作会社
日活 ハピネット ギャンビット OLM 
配給会社
日活 
レイティング
PG-12  
英語名
 
上映時間
125分  

「猫侍」の山口義高によるオリジナル脚本を「藁の楯 わらのたて」の三池崇史監督が映画化。ヤクザヴァンパイアに噛みつかれた人間が次々とヤクザ化、闘いの運命に翻弄される極道たちの姿を描く。出演は「DOG×POLICE 純白の絆」の市原隼人、「ニシノユキヒコの恋と冒険」の成海璃子、「そして父になる」のリリー・フランキー、「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」の高島礼子、「サンゴレンジャー」の青柳翔、「Playback」の渋川清彦。

スタッフ

出演者

ストーリー

海の近くにあるうら寂れた毘沙門仲通商店街を牛耳っているのは、史上最強といわれるヤクザ組長・神浦玄洋(リリー・フランキー)率いる神浦組。神浦は過去に何度も命を狙われたが決して死ぬことはなく、異彩を放つ数々の不死伝説が広まり、彼のことをヴァンパイアと呼ぶものさえいた。一方、神浦の舎弟である影山亜喜良(市原隼人)は、敏感肌ゆえ刺青も入れられない若衆止まりの半端者。神浦に憧れて極道の世界に入ったものの、映画のような誇り高い仁義や任侠心に満ち溢れた理想の世界からほど遠い今のヤクザ社会にうんざりしていた。そんな退屈な毎日を送っていたある日、神浦の命を狙う刺客たちが次々と商店街に現れ、壮絶な死闘の末、神浦は身体を八つ裂きにされてしまう。事態を察知して駆けつけた影山の首筋に瀕死の神浦が突然噛みつき、その瞬間、影山に神浦の血が逆流する。それは神浦の“血の儀式”であった。「ヤクザヴァンパイアとして生きろ……」神浦はそう言い残し絶命するが、街中を巻き込んだ刺客たちとの新たな闘いが始まろうとしていた……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: ビデオ 他 /デジタル /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。