日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

十六夜街道
イザヨイカイドウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1951年12月14日 
製作会社
大映京都 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
85分  

原作は川口松太郎の『萩寺の長七』。「源氏物語(1951)」の新藤兼人の脚本で、「右門捕物帖 帯どけ仏法」の安田公義が監督に当り、「愛妻物語」の竹村康和が撮影している。出演者は「源氏物語(1951)」の大河内傳次郎、乙羽信子、堀雄二、本間謙太郎、相馬千恵子、殿山泰司などがその主なものである。

スタッフ

原作
川口松太郎
脚本
新藤兼人
監督
安田公義
撮影
竹村康和
美術
川村鬼世志
音楽
西梧郎

ストーリー

武州五日市に顔役萩寺の長七は、言葉一つのいきちがいで生命をやりとりする因果な稼業が嫌になり、一人娘のおつなだけは堅気にしたいと思った。おつなは江戸の商家へ奉公に行くことになったが、萩寺一家の四天王の一人長房の新右衛門の弟新藏と末を誓った仲だったので、彼にも足を洗って堅気になってくれとたのんだ。新藏は愛する女のために前後して江戸へ出て、月に一度はおつなと会って楽しい未来のために励まし合うのだった。しかし、その頃、兄の新右衛門が水無瀬一家のためになぶり殺しにされたときいて、新藏はおつなの泣いて止めるもきがず、武州へとんで帰った。長七はいきり立つ新藏をいさめて堅気を通せといってきかせたが、新藏は受けつけず、兄を殺した水無瀬一家の三平、權藏、平兵衛の三人に挑戦状を送った。しかし、新藏が勢い込んでのり込んで見ると、三平も權藏もすでに何者かに殺されてしまっていた。そして平兵衛の家へかけつけて見ると、そこには先廻した長七が平兵衛を相手にしていて、新藏に手出しをするなというのだった。新藏ははじめて長七の娘と自分をどこまでも堅気な人間と願う深い心を悟り、平兵衛を討ち果して自首して出る長七を、江戸からかけつけたおつなと共に送るのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。