日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

女豹の地図
メヒョウノチズ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1951年12月07日 
製作会社
新東宝聯合 
配給会社
新東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
87分  

「月よりの母」の青柳信雄と東條瞭の共同による製作で、田村泰次郎の雑誌「ロマンス」掲載の原作より「新遊侠伝(1951)」の八田尚之が脚色し、「東京悲歌」の田中重雄がメガホンをとっている。カメラは「月よりの母」の三村明。出演者の主なものは、「月よりの母」の久慈あさみ、「哀愁の夜(1951)」の折原啓子、「南風」の若原雅夫に、伊藤一郎、徳大寺伸、清水将夫、江川宇禮雄などの助演である。

スタッフ

製作
青柳信雄東條瞭
原作
田村泰次郎
脚本
八田尚之
監督
田中重雄
撮影
三村明
美術
下河原友雄
音楽
上原げんと斎藤一郎

ストーリー

白石杏子は、元子爵の亡父から外国へ遊学までさせてもらった橋見信也が、姉美津子の純潔をふみにじった上、婚約を破棄したことを怒り、橋見をなじるが、亡恩の橋見はかえって美貌の杏子にいい寄り、手ひどく痛めつけられた。そこで橋見は、杏子たちの債権社牧重亮の手先になり、その娘芙佐江を抱き込んで、杏子たちを抵当にはいっている邸から立退かせようとした。邸を改築してキャバレー「キャザリン」をはじめるというのである。杏子の強気から、母娘は邸の一室にがんばっていたが、キャバレーの従業員がのり込んで来て、病気の母の病勢をつのらせてしまった。苦学生倉田一平だけが、母娘のため献身的につくしてくれた。杏子はその一平と思い切って銀座へ流し歌手となって出るが、その美貌と気品は、一躍銀座の人気者となった。橋見はその杏子に「キャザリン」へ出演してくれと申し込むが、又しても激しくはねつけられたので、その腹いせに杏子が銀座を流していることをその母につげた。気位の高い杏子の母はそれが打撃となり病気が悪化して死んでしまった。杏子は橋見への復讐を誓い、キャバレー「シルバークイン」のプリマドンナになり、「キャザリン」の人気を奪った。そして落目になったその店を、西方清の後援で買い取り、橋見を一使用人としてこき使えるようになった。杏子は一平を想っていたが、彼が姉の美津子を思っていることを知り、その失望から西方の結婚という条件に応じたのだが、さすが開店の夜、歌い終ってその場に昏倒した。しかし西方が無条件で「キャザリン」を杏子に贈る気持であったと知ったときには、西方の愛情にすがって再び強く生きようと決心するのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。