日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

月から来た男
ツキカラキタオトコ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1951年11月29日 
製作会社
大映京都 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
89分  

脚本は「折鶴笠」の犬塚稔、監督と撮影は「母人形」のコ佐伯幸三と牧田行正である。出演者は「源氏物語(1951)」の長谷川一夫、水戸光子、長谷川裕見子に、澤村國太郎、東野英治郎、阿部九洲男、殿山泰司など。

スタッフ

脚本
犬塚稔
監督
佐伯幸三
撮影
牧田行正
美術
角井平吉
音楽
渡辺浦人

ストーリー

浅草寺界隈の親分聖天の熨斗藏の子分片眼の音次は矢場の女お清に惚れていた。お清は音次を嫌い抜いていたが、そこへ又親分がお清を憎からず思うようになったので、音次は親分にお清をゆずった。お清は聖天の親分からのがれ、自棄酒をのんで死のうとしたとき矢場辰の裏のおんぼろ長屋に住む浪人戸澤小十郎に救われ、その家で、一夜を明し、そのままかくまわれた。聖天の一味が血眼でお清を探しているのもそ知らぬ顔で、小十郎は五十両という大金を都合して来てお清を自由の身にしてやった。と同時に、聖天一家が同心中山陣之助にとり入り、おんぼろ長屋をたたきつぶして歓楽堺にする計画も横槍を入れて駄目にし、貧しい長屋の人々をよろこばした。しかし、こうした事から、小十郎が立派な旗本で、堅苦しい生活を嫌ってこの長屋での気まま暮しをたのしんでいたこともばれて元の屋敷へひきもどされた。所詮小十郎とは身分違いとあきらめて、自棄酒を飲んでいるお清の前に、こつ然と再び現われたのはいつも変らぬ小十郎であった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。