日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

シェル・コレクター
シェルコレクター

作品名でWeb検索する

ピュリッツァー賞作家の同名処女短編集の一編を「美代子阿佐ヶ谷気分」の坪田義史監督が映画化。沖縄の豊かな自然の中で貝を兎集しながら一人静かに暮らしていた盲目の貝類学者が、貝毒を用いて奇病を治したことから波乱を呼んでいく。主演はイラストレーターや小説家、また「凶悪」をはじめ俳優としても活躍するなど多彩な顔を見せるリリー・フランキー。島に流れ着いた女を「キャタピラー」で第60回ベルリン国際映画祭銀熊賞(女優賞)を獲得した寺島しのぶが、学者の息子を「ぼくたちの家族」の池松壮亮が、奇病に侵された有力者の娘を「寄生獣」シリーズの橋本愛が演じる。

スタッフ

監督
坪田義史
抽象映像監督
牧野貴
脚本
澤井香織坪田義史
原作
アンソニー・ドーア
プロデューサー
黒岩久美エリック・ニアリ定井勇二
制作プロデューサー
大日方教史
アクアティックススーパーバイザー
中村勝
撮影
芦澤明子
美術
竹内公一
装飾
相田敏春
音楽
ビリー・マーティン
録音
横澤匡広
音響効果
勝亦さくら
照明
市川徳充
編集
出口景子
衣装
宮本まさ江
ヘアメイク
近藤美香
アソシエイトプロデューサー
大田高美雄
制作担当
小川勝美
助監督
松尾崇
VFXスーパーバイザー
佐藤文郎
劇中絵画
下條ユリ

出演者

ストーリー

貝の美しさと謎に取りつかれ貝類学の分野ではその名を馳せる盲目の学者(リリー・フランキー)は、今では家族と離れひとり沖縄の孤島で貝を兎集する静かな日々を過ごしていた。ある日、いづみという女(寺島しのぶ)が島に流れ着き学者と一緒に暮らし始める。偶然にも彼女が患う奇病を貝の毒を用いて治したことから、息子の光(池松壮亮)やいづみと同じ病の我が子・嶌子(橋本愛)を助けようとする地元の有力者・弓場をはじめ多くの人が治療法を求めて島に押し寄せてくる。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: ビデオ 他 /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。