日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年1月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ホテルコパン
ホテルコパン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
2016年02月13日 
製作会社
and pictures 
配給会社
クロックワークス 
レイティング
PG-12  
英語名
 
上映時間
135分  

「極道大戦争」の市原隼人主演による群像劇。生徒の自殺がトラウマとなりホテルコパンで働き始めた元教師・海人。以前の活気を取り戻そうと躍起になるオーナーや不愛想な従業員と共に働いていたある日、ワケありの宿泊客が次々と訪れる。共演は「紙の月」の近藤芳正、「忘れないと誓ったぼくがいた」の大沢ひかる、「ガキ・ロック」の前田公輝、「ファイナル・ジャッジメント」の水田芙美子、「TOKYO CITY GIRL」の栗原英雄、「水の声を聞く」の玄理、「ハヌル SKY」の大谷幸広、「山本慈昭 望郷の鐘 満蒙開拓団の落日」の李麗仙、「うなぎ」の清水美沙。「7s セブンス」などのプロデューサーを務めた門馬直人の長編監督デビュー作。

スタッフ

監督
門馬直人
脚本
一雫ライオン
主題歌
新山詩織
編集
門馬直人

出演者

ストーリー

1998年長野オリンピックの賑わいが嘘のように閑散としている2016年の長野県白馬村。東京で中学教師をしていた海人祐介(市原隼人)は、2年前からホテルコパンで働いている。オーナーの桜木(近藤芳正)は、オリンピックの時のような活気を取り戻そうと躍起になるのだがそう簡単に客は集まらない。もう一人の従業員・ユリ(玄理)は、そんな桜木を尻目に無愛想に淡々と働いていた。ある日、偶然にも数組の宿泊客がホテルを訪れる。だがやってきたひとりの女性客の顔を見て、海人は顔をこわばらせ過呼吸に陥ってしまう。その女性・千里(清水美沙)は、海人が教師時代に担任した生徒・守(狩野見恭兵)の母親であった。守は中学校でいじめを受け、彼を救おうとした海人の努力も虚しく自ら命を絶ってしまったのだ。一方、他の滞在客もそれぞれ問題を抱えていた。LINE依存症の美紀(大沢ひかる)と愛情に戸惑う班目(前田公輝)のカップル、多額の負債を抱える宗教団体の教祖・段来示(栗原英雄)、逃亡した資産家令嬢・ひかる(水田芙美子)、昔は脚光を浴びていた老女優・舟木(李麗仙)、罪悪感に悩む付き人・澤井(大谷幸広)。そしてホテルオーナーの桜木もまた、離婚した妻・美智代(遠山景織子)と娘・歩(山田望叶)と偶然再会してしまう……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: ビデオ 他 /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。

[2016/12/26]

映画情報を22件更新しました。