日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

剣難女難 剣光流星の巻
ケンナンジョナンケンコウリュウセイノマキ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1951年11月30日 
製作会社
新東宝宝プロ 
配給会社
新東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
76分  

「十六文からす堂 千人悲願」と同じく、高村將嗣の製作による新東宝と宝プロとの提携作品。市川英治の原作から、「十六文からす堂 千人悲願」の木下籐吉が脚色、加藤泰の監督で、「神変美女峠」の藤井春美が撮影に当っている。出演者は「十六文からす堂 千人悲願」の黒川弥太郎、市川春代、春日あけみ、澤村國太郎などのほかに徳川夢声、阿部九洲男、川喜多小六などである。

スタッフ

製作
高村將嗣
原作
吉川英治
脚本
木下藤吉
監督
加藤泰
撮影
藤井春美
美術
北川弘
音楽
高橋半

ストーリー

新九郎の兄重藏と千浪とは、新九郎を訪ねて江戸へ出て来るが、それを知った新九郎は眼の醒めた思いで二人を訪ねるが、又しても大月玄蕃の剣に二人は追われた後であった。新九郎はお光の許へは帰らず、賭場を渡り歩いているいちに再びお延につきまとわれるが、新九郎の心が動かぬことを知った彼女は、玄蕃や小六に新九郎を売ったのだった。しかし、鐘卷自齋に救われ、心からいさめられた。そして、ようやく兄と千浪に会え、新九郎は心から奮起するのだった。単身大月玄蕃を捕えて旧主家へ送りとどけた上、大妻龍峠にこもって富田勢源の教えをうけ、将軍の御前試合に、見事自齋を破り、兄に代って長年の恥をそそぎ旧主家への帰参がかなうが、皮肉にも、宮津と福知山の両藩は、縁組によって長年の不和がとけ、新九郎兄弟を苦難にかりたてた種は、忘れ去られているのであった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。