日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

遊侠往来
ユウキョウオウライ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1951年05月18日 
製作会社
新東宝 
配給会社
新東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
109分  

「新遊侠伝(1951)」の後編(“東京編”)。

スタッフ

製作
永島一朗
原作
火野葦平
脚色
八田尚之
監督
佐伯清
撮影
河原崎喜久三
美術
加藤雅俊
音楽
清瀬保二

ストーリー

岡源親分は、お仙のことで加助と留吉が争うのを心配して自分の甥とお仙を結婚させようとするが、一旦承知したお仙も、加助と留吉の熱情にほだされ、親分への義理から東京へ家出する。橋伝はこの事をきいてわざと面あてに立派な結婚祝いを持ち込むので、加助と留吉はお仙を探しに東京へやられる。お仙は二人とも親分に気兼ねして、おめおめそんな使いをすることをののしるが、そこへ橋伝との野球試合あり、すぐかえれの電報で、二人は若松へとんで帰る。試合の当日になると、留吉は加助に「三振を打ち取ったらお仙をゆずる」といってはげまし、加助は留吉に「ここでかっ飛ばしたらさっきのお仙の件は帳消しにする」といってはげまし、見事に岡源チームに凱歌をあげさせたのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。