日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

若人の誓い
ワコウドノチカイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1952年02月01日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
91分  

製作は「命美わし」の小出孝、脚本は沢村勉の雑誌「東京」に掲載した原作から彼自身が脚色したもので、「南風」の岩間鶴夫が監督に当たっている。撮影は同じく森田俊保。

スタッフ

製作
小出孝
原作
沢村勉
脚色
沢村勉
監督
岩間鶴夫
撮影
森田俊保
美術
平高主計
音楽
加藤光男

ストーリー

香苗・千草の姉妹は宇部悠子と同じ血のつながった姉妹であったが、香苗・千草の母志津が悠子の父の妾であったことから悠子は父の死後香苗一家への仕送りを断った。香苗は新進拳闘家早川との結婚を目前にひかえて困り果てる。勝ち気な千草は単身悠子のもとへ掛け合いに行くが、悠子やその許婚の佐伯に嘲笑されただけだった。その上悠子は香苗と早川のことを知ると早川の宿敵三谷に近づいて、彼をあおり立てた。そして早川はリングで三谷の強烈なパンチを受けて死んでしまった。三谷はそれ以来自責を感じ、リングを退き香苗たちの一家の世話を見つづけたが、悠子はそれを快く思わず、再び佐伯をそそのかして、三谷を八百長試合に立たせようとした。三谷は香苗一家を救う金が欲しいばかりに十五万円の報酬でリングに立つが、持ち前の正義感から思わず闘志をわき立たせて、約束を無視して相手を倒してしまった。そして佐伯一味の制裁で重傷を負った三谷のもとへ香苗姉妹と悠子はかけつけた。悠子は初めて自分の意地から犯した過失に気がつき、香苗たちに詫びるのだった。血は水よりも濃い、三人の姉妹は初めて三谷の沈頭で心から相抱くのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。