日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

雨女(2016)
アメオンナ

作品名でWeb検索する
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
35分  

「呪怨」シリーズなどで知られるジャパニーズ・ホラーの旗手・清水崇が、「TOKYO TRIBE」の清野菜名を主演に迎え、初めて4DX専用ホラーに挑戦。雨の夜に必ず、黒い服の女が踏切に飛び込む夢を見る女性が、恐怖に追い詰められてゆく。共演は「ストレイヤーズ・クロニクル」の柳俊太郎、「さよなら歌舞伎町」の田口トモロヲ。

スタッフ

監督
清水崇
脚本
清水崇
プロデュース
斎藤武一郎
企画
斎藤武一郎
製作
渡辺章仁市川修平多昌博志
プロデューサー
田中雄之山田周
共同プロデューサー
松橋祥司
撮影
ふじもと光明
美術
福田宣
音楽
遠藤浩二
録音
岩間翼
照明
江川斉
ラインプロデューサー
後藤剛
アシスタントプロデューサー
平石明弘
制作担当
細谷光
プロダクションマネージャー
亀山暢央
助監督
川松尚良
VFX
田中貴志
特殊造形
百武朋

出演者

ストーリー

雨の日の夜、理佳(清野菜名)は必ずと言っていいほど同じ夢を見た。大雨の中、踏切で電車が通り過ぎるのを待つ幼い少女。その前に突如、黒い服を着たずぶ濡れの女が現れ、踏切の中に入ってゆく。女は男の子を大事に抱き寄せながら、少女の目の前で電車に轢かれる……。そんな夢を見続ける一方で、恋人の隆(柳俊太郎)との煮え切らない関係にも憂鬱な気持ちを抱えていた。やがて、母の命日を迎えた理佳は帰省するが……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: ビデオ 他 /デジタル /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。