日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ある夜の出來事
アルヨノデキゴト

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1952年01月20日 
製作会社
民芸新映画社 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
74分  

民芸と「湯の町情話」の新映画社の共同製作で、企画は大塚和。故横光利一の『慄える薔薇』と『無礼な街』から、「佐々木小次郎 (第一部)(1950)」の稲垣浩がシナリオを書き、「夜の未亡人」の島耕二が監督、同じく小原譲治が撮影を担当している。出演者は「愛情物語」の宇野重吉、「武蔵野夫人」の轟夕起子のほかに、滝沢修、高杉早苗、小夜福子、細川ちか子などが助演している。

スタッフ

企画
大塚和
脚本
稲垣浩
監督
島耕二
撮影
小原譲治
美術
下河原友雄
音楽
伊藤翁介

ストーリー

「日本太郎」の長編漫画で戦争中流行漫画家であった茶木君は、戦後漫画は売れなくなり、仕事にも熱意を失って、近所の子供たちを相手に、野球などをして遊び暮らしていた。妻八重子は貧困の生活によく堪えた。そして借金の利子を返すために一枚看板の着物を入質して作った金を、茶本君があっさり友達に用立ててしまったときにも、苦笑いしてすますほどの良妻であった。が、東都新聞が、「日本太郎」の復活を依頼に来たとき、これを日頃から茶木君に仕事をすることを執ように強請する八重子の策謀と思い込んで拒絶してしまったことで、さすがの八重子も家を飛び出した。あてどのない彼女は、近所に越して来たという茂木画伯夫人に案内されてその家を訪ね、その清貧に甘んじた楽しい生活ぶりに感銘して帰宅した。茶木君も八重子さんの留守中、捨て子をしようとした横田いしという女性を救ったことから大いに発憤して生活に再出発する覚悟をきめていた。間もなく東都新聞には茶木君の新漫画が紙面を賑わすようになった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。