日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

大空の誓い
オオゾラノチカイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1952年01月09日 
製作会社
新東宝 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
87分  

製作は高木次郎。脚本は「ごろつき船」の菊島隆三と宮田輝明の共同執筆。監督と撮影は「月よりの母」の阿部豊と三村明のコンビ。出演者は「めし」の上原謙、「ブンガワンソロ」の久慈あさみ、「この春初恋あり」の香川京子と小堀誠、フレーミングなど。

スタッフ

製作
高木次郎
脚本
菊島隆三宮田輝明
監督
阿部豊
撮影
三村明
美術
進藤誠吾
音楽
斎藤一郎

ストーリー

アメリカの航空会社のパイロットのジェームスは、羽田へ着くと早速「鷹」の西田を訪ねた。二人は第二次大戦中空中戦で同じ孤島に不時着し、一緒に暮らすうちに無二の親友となって再会を誓った仲だった。ジェームスは自動車の故障で途中水澤眞知子と知り合い、彼女の口から西田の近況を知った。眞知子は西田がユスリ専門の赤新聞の編集長をしていると告げるが実は眞知子の父清太郎が生産妨害で日東造船ののっとりを策しているのと戦っているのだった。いさめても父がききいれてくれぬのに愛想をつかした眞知子は、ジェームスに自分が西田を愛していることを打ち明け、父の悪事の真相を新聞に発表してくれとたのむ。日東造船の公判が始まり、獄屋につながれた清太郎は、西田に眞知子のことをそれとなく托し、ジェームスは欧州ラインに転勤の命を受けて、彼との間の大空の誓いをくりかえし、西田と眞知子との幸福を祈る旨書きのこして、大空の彼方へと去って行ったのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。