日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ディアスポリス DIRTY YELLOW BOYS
ディアスポリスダーティーイエローボーイズ

作品名でWeb検索する

リチャード・ウーとすぎむらしんいちによる原作コミックを連続ドラマに続き映画化。不法滞在外国人マリアの誘拐事件が発生。密入国異邦人たちを守る裏都庁の警察組織・ディアスポリスの久保塚と相棒・鈴木は監禁先を見つけるが、マリアはすでに殺されていた。出演は、「イニシエーション・ラブ」の松田翔太、「婚前特急」の浜野謙太。監督は、「私の男」の熊切和嘉。

スタッフ

監督
熊切和嘉
脚本
熊切和嘉守屋文雄
原作(脚本)
リチャード・ウー
原作(漫画)
すぎむらしんいち
音楽
渡邊琢磨

出演者

ストーリー

東京の密入国異邦人・不法就労外国人たちは、まともな仕事に就けずに生活は困窮する一方、犯罪に巻き込まれても日本の警察は助けてくれない。誰にも守ってもらえない彼らは、自らの手で自らを守るため、密入国異邦人による密入国異邦人のための秘密組織、裏都庁をつくった。裏都庁には銀行や病院、そして警察組織・ディアスポリスがある。異邦警察唯一の警察官・久保塚早紀(松田翔太)は、異邦人たちを守るべく日々奮闘していた。ある日、満身創痍の大怪我を負い、3日間の昏倒から復活した久保塚は、仲間の異邦人たちとパーティに興じていた。その最中、裏都民の一人マリアの誘拐事件が起こる。上司にダマされて多額の横領事件を引き起こした末に裏都民となった鈴木(浜野謙太)を相棒に、久保塚は捜査に乗り出す。裏都庁の助役で害虫駆除会社経営者の阿(柳沢慎吾)や裏都知事のコテツ(康芳夫)ら仲間たちの協力でマリアの監禁先を突き止めるが、すでにマリアは殺されていた。犯人は、留学生崩れのアジア人犯罪組織・ダーティ・イエロー・ボーイズの周(須賀健太)と林(NOZOMU)だった。周と林はその後、誘拐事件の元締めで二人に銀行口座を貸した黒金組のチンピラ・横島も殺害する。そのころ、久保塚と鈴木は黒金組の若頭である伊佐久真人からの情報で、マリアが殺害された現場から逃げた若者がダーティ・イエロー・ボーイズの周と林であることを突き止める。さらに捜査を続け、とある国から来た不法滞在者たちによって作られた地下教会が、周と林の行方を探る手がかりであると知る。久保塚と鈴木は地下教会を片っ端から調べるが、ある理由から仲違いし、それぞれ単独で周と林を追う。周と林の足取りを追い、西へ移動する二人。彼らに付きまとう伊佐久らヤクザたち。周と林が西へ向かう目的とは? 伊佐久の思惑とは? 異邦人誘拐事件は、いつしか壮絶な三つ巴戦となる。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: ビデオ 他 /デジタル /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。