日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

CUTIE HONEY TEARS
キューティーハニーティアーズ

作品名でWeb検索する

永井豪原作のコミック『キューティーハニー』を「レインツリーの国」の西内まりや主演で映画化。近未来、街は富裕層の住む上層階と貧困層の住む汚染された下層階に分けられていた。ある日、感情を持った1体のアンドロイドが上層階から下層階へ落下してくる。出演は、「シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸」の石田ニコル、「おかあさんの木」の三浦貴大、「ROUTE42」の高岡奏輔 。

スタッフ

監督
A.T.ヒグチリョウ
脚本
中澤圭規田中靖彦
原作
永井豪
主題歌
西内まりや

出演者

ストーリー

近未来、世界はAIに支配され、街は富裕層の暮らす上層階と貧困層の暮らす下層階に分けられていた。上層階の快適な生活を維持するために垂れ流される汚染物質が生み出す有害な雨の中、下層階の人々は生活している。ある日、1体の美しいアンドロイド・如月瞳(西内まりや)が上層階から落ちてくる。産みの親である如月博士の実の娘の記憶を移植され、感情を持つアンドロイドである瞳は、下層階で生まれ育ったジャーナリストの早見青児(三浦貴大)と出会う。そのことがきっかけで、瞳の運命の歯車が回り始める。瞳は人々を守るため、世界を支配する感情を持たない新型アンドロイド・ジル(石田ニコル)と対決する。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: ビデオ 他 /デジタル /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。