日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年4月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

落花の舞
ラッカノマイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1952年01月31日 
製作会社
新東宝 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
90分  

製作は岸川誠輔、前田曙山の原作から「エノケンの石川五右衛門」の友田昌二郎が脚本を書き、「殴られた石松」の渡辺邦男が監督に当たり、同じく渡辺孝が撮影に当たっている。出演者の主なものは、「旗本退屈男 江戸城罷り通る」の宮城千賀子、「決闘鍵屋の辻」の浜田百合子、「殴られた石松」の田崎潤、その他宮川玲子、鳥羽陽之助、阿部九洲男、高田稔、森繁久彌などである。

スタッフ

製作
岸川誠輔
原作
前田曙山
脚色
友田昌二郎
監督
渡辺邦男
撮影
渡辺孝
美術
梶由造
音楽
西梧郎

ストーリー

時は幕末、駿府の城下に近い街道筋で、幕府の密使佐伯内膳が殺された。傷口は女持ちの細身の匕首らしく、同行の粂三髷の女の姿が見えない。目明かし佐兵衛は粂三*の女が、「高野新少将」の寮へ逃げ込んだとめぼしをつけたが、女人禁制の邸にそんな女はいないとはねつけられる。同心山本は、そこで少将のひいきの芸者お絹に、少将の身辺をさぐることを依頼する。少将を慕うお絹は心ならずもそれを引きうける。やがてこんどは少将の片腕といわれた堀口が粂三髷の女に殺された。少将は京都へといって、実は単身江戸へ向かって旅立った。同心山本もお絹も、殺された佐伯内膳の妻磯江も、そのあとを追って江戸へ--。途中磯江は少将に近ずくことが出来、色仕掛けで何事かを企んでいたがお絹が、嫉妬から磯江が幕府の隠密であることを少将に知らせたのにかかわらず、依然として少将は磯江を近づけ、二人の女の間には激しい乱闘騒ぎまで持ち上がった。しかしそのすきに少将の姿は消えていた。その少将を追うお絹は、箱根山中で山本にいどまれるが、折りから通りかかった山本鉄太郎に救われた。江戸の久貝河内守の邸で、磯江は高野少将は幕府方の暗殺団にすでに殺されている筈といわれるが、今では少将の面影の忘れられぬ彼女は久貝に生きている少将を殺せと命ぜられるままに少将を自分の邸に招き、久貝たちの企みを明かした。それと知った久貝たちの暗殺団は磯江の邸をとりかこんだ。磯江は暗殺団の犠牲となったが、少将は危ない所を山岡鉄太郎に救われた。少将が実は殺された真実の少将の内室香織姫であることを知る山岡は、御降嫁の和宮様並びに上野輪王寺様の御安全は幕臣ながら必ず山岡が守り抜きますからと約束し、女装にかえった香織姫を京都へ送るのであった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/04/26]

映画情報を18件更新しました。

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。