日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

LIVE FOR TODAY 天龍源一郎
ライブフォートゥデイテンリュウゲンイチロウ

作品名でWeb検索する
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
121分  

長きにわたりプロレス界を牽引してきた天龍源一郎の、引退発表から最後の試合までの日々を収めたドキュメンタリー。彼を支え続けた娘とのタッグなど表に出すことのなかった家族との絆を織り交ぜながら、プロレスに心血を注いできた天龍源一郎の生き様に迫る。監督は「通学シリーズ」や「ほしのふるまち」を手がけた川野浩司。天龍源一郎が設立したプロレス団体・天龍プロジェクトの代表を務める実子・嶋田紋奈がエグゼクティブプロデューサーとして参加。また、プロレスファンとして知られる俳優の染谷将太がナレーションを担当している。

スタッフ

監督
川野浩司
撮影
川野浩司
編集
川野浩司
エグゼクティブプロデューサー
嶋田紋奈
プロデューサー
中林千賀子加藤英治

出演者

ストーリー

第3次プロレスブームを築き上げ長きにわたりプロレス界を牽引してきた天龍源一郎。リングデビューから約40年、65歳を迎えた2015年2月9日、天龍は慣れ親しんだ後楽園ホールで現役プロレスラー廃業を宣言した。2015年11月15日に両国国技館で行われた新日本プロレスのオカダ・カズチカとのラストマッチまでの約10ヶ月間にカメラが密着。引退を決意するまでの思い、ファンや戦友、家族との絆、そしてプロレスへの愛。プロレスに心血を注いだ人間・天龍源一郎の生き様に迫る。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: ビデオ 他 /HD /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。