日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年4月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

夢の続きをもう一度
ユメノツヅキヲモウイチド

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
2017年02月25日 
製作会社
アイエス・フィールド企画協力:メディアエージェント) 
配給会社
アイエス・フィールド 
レイティング
 
英語名
 
上映時間
90分  

20歳以上の女性を対象にしたオーディションを経て結成されたグループ“DREAMING MONSTER”の初主演映画。ダンスサークルの卒業記念映像撮影のために東京都あきる野市を訪れた安美は、亡くなった幼なじみの真理子との約束を思い出す……。メガホンをとったのは、「本当にあった投稿闇映像 劇場版」の土田準平。

スタッフ

監督
土田準平
脚本
いしかわ彰

出演者

ストーリー

四方を山が囲み、豊かな自然に恵まれた東京都あきる野市。ダンスサークルの卒業記念映像を撮影するため、6人の女性がこの地を訪れる。彼女たちは、2年前に廃校になった戸倉小学校の跡地を利用した研修センターに泊まり込み、ダンスの練習と撮影を行うことになっていた。メンバーの安美は、小学6年生の秋まであきる野に住んでいた。当時、安美は幼なじみの真理子、2つ年下の渚沙といつも一緒だった。だが、夏休みの終わりに真理子が交通事故で亡くなったことをきっかけに渚沙とも疎遠になり、そのまま市外に引っ越していた。会いたいけど会えない。安美と渚沙は、真理子の事故を引きずったまま、時が止まっていた。そこへ、同級生の小百合が渚沙を連れて現れる。安美と渚沙の関係を気にかけ、元に戻そうとする小百合の気持ちを知ったキャプテンの奈美は、2人を合宿のメンバーに加える。共同生活を送る中で、幼い頃の真理子との約束を思い出す安美と渚沙。何でも夢を叶えてくれる怪物の噂を信じた3人は、その怪物を探す計画を立てていた。ところが当日、怖くなった安美と渚沙は真理子と喧嘩になり、“そんなに行きたければ1人で行けばいいじゃん”という言葉を残して、計画は中止に。真理子が交通事故でこの世を去ったのは、その3日後だった。安美と渚沙は、真理子が1人で怪物に会いに行き、連れ去られたのだと思い込んでいた。やがて、生前の真理子の日記を見つけて、彼女の想いを知る安美と渚沙。そこには、“大きくなって、怖くなくなってから、3人でまた、あのトンネルに行きたい”と書かれていた。泣きじゃくる渚沙をそっと抱きしめ、“怪物に会いに行こう”と告げる安美。こうして安美と渚沙は、叶えられなかった夢の続きを取り戻すために旅立つ……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: ビデオ 他 /デジタル /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: 5.1ch

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/04/26]

映画情報を18件更新しました。

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。